ユニクロ、中国工場の劣悪環境 8分遅刻で2時間タダ働き、暑さで失神… 国際NGOなどが改善勧告 (1/2ページ)

2015.01.17


上海市内に展開するユニクロの大型店【拡大】

 ファッションブランド「ユニクロ」の製品などを製造する中国の2工場について、国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN、東京)などは15日、「長時間の過重労働や危険な労働環境がある」として、ユニクロを展開するファーストリテイリング(山口市)に改善を促すよう勧告したと明らかにした。

 HRNは、香港に拠点を置くNGO「SACOM」とともに、中国の大手衣料工場のパシフィック社とルンタイ社について調査。2014年7〜8月には、SACOMの調査員が労働者として工場に潜入した。さらに、別の調査員が工場近くのレストランや寮、売店などで聞き取り調査を行うなどして、報告書をまとめたという。

 報告書によると、夏場には38度を超すエアコンのない室内で、男性労働者の多くが上半身裸で働き、女性労働者の制服も汗でぬれているという。聞き取り調査に答えた労働者は「あまりの暑さに夏には失神するものもいる」、状況は「まるで地獄だ」と話した。高温手当てが支払われることもあるが「実際、無意味に等しい」という。

 工場内は換気も十分でなく、染料などの化学薬品がポリバケツに無造作に入れられ、毒性のある化学物質が保管されている部屋にも排水が流れ込んでいるとした。

 パシフィック社には罰金制度が数多くあり、労働者が8分遅刻すると、2時間分の給料が差し引かれることもあったという。ユニクロ側の人間が製造現場を視察し、少しでも問題があった場合は製造責任者を追及するが、その製造責任者は労働者たちを責める。そして問題が見つかった場合、50〜500人民元(約940〜9400円)が罰として給料から差し引かれるという。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。