【新・悪韓論】現代自動車、営業利益9%減なのに配当は54%増の摩訶不思議… (2/2ページ)

2015.01.29


現代自動車本社=ソウル市【拡大】

 現代自は11月11日、4491億ウォン相当の自社株買いを実施すると発表し、株価は17万6000ウォンまで戻した。

 年が明けて1月6日、現代自グループは、18年までの4年間に80兆7000億ウォンを投資するとの計画を発表した。

 これまで最高だった14年のグループ全体の投資額を年率で25%近く上回る大投資計画だが、左翼紙ハンギョレ新聞(15年1月7日)は「韓電の土地の高価入札による批判をかわし、自社株買い入れまでしなければならないほど下落した株価を防御するためとの分析もある」と冷ややかだった。

 無理もない。韓国企業が発表する投資計画は実績と大きな乖離(かいり)があるのが常だから。

 そして1月23日、売上高は前年比2・2%増の89兆2563億ウォン、営業利益は同9・2減の7兆5500億ウォンだったという14年実績の発表。同時に「期末配当を前年比54%増の1株当たり3000ウォンと決定した」と。それでも株価は16万8000ウォンと前日比2%落ちた。

 現代自グループ翼下の起亜自動車の営業利益は前年比19%だったが、やはり「期末配当は前年比44%増とする」。

 現代自グループからは「株主との親和性の重視」なる言葉が聞かれるが、起亜の大株主は現代自。現代自の大株主は「オーナー会長様」(鄭夢九=チョン・モング=氏)なのである。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。