平昌五輪、韓国企業ソッポ スポンサー契約たった4社の苦境 目標30社なのに… (1/3ページ)

2015.02.20


3年後に迫った平昌五輪のカウントダウンイベント。無事に開幕を迎えることができるのか (AP)【拡大】

 韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪が、窮地に立たされている。2018年2月の開幕まで3年を切ったが、競技場建設の遅れに加え、予算面でもピンチに直面しているのだ。韓国メディアによると、スポンサー契約がわずか4社にとどまり、必要な支援額の30%しか確保できていないという。一方、20年東京五輪のスポンサー契約は好調な滑り出しを見せており、平昌の苦境ぶりを一層際立たせている。

 「(平昌冬季五輪と東京五輪を)重要視し、観光や商業などいろいろな面で互いに協力し合って成果が出るようにしましょう」

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は13日、訪韓した自民党の二階俊博総務会長との会談でこう呼びかけた。ただ、スポンサーの集まり具合を見る限り、両者の「成果」には開きが生じつつあるようだ。

 朝鮮日報(日本語版、9日付)によると、平昌冬季五輪の大会運営には、インフラ関連を除いた予算の4割以上にあたる8530億ウォン(約920億円)をスポンサーの支援で賄わなければならないが、スポンサー契約は目標30社に対して4社にとどまっている。

 大会組織委員会は同紙の取材に「現在2、3社の企業と交渉しており、今年第1四半期(1〜3月)のうちに契約が実現する」との見通しを示しているが、それでも目標達成には程遠い。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。