【日々是世界】「イスラム国」事件が呼んだ韓国「反省」論 (1/3ページ)

2015.02.23


 湯川遥菜さんが殺害されたとする画像がインターネット上に流れたことを受け、自宅で代表取材に応じる湯川さんの父親(後ろ姿)=1月25日、千葉市花見川区(代表撮影)【拡大】

 過激派「イスラム国」が後藤健二さん(47)ら日本人人質2人を殺害したとする事件は、韓国でも高い関心を呼んだ。行方不明の韓国人少年(17)がイスラム国に志願したとみられ、人ごとではなくなったこともある。それ以上に、日本人人質の家族が「迷惑をかけた」と謝罪し、政府の尽力に感謝する態度に衝撃を受け、何でも他人のせいにする韓国の風潮に自省を促す声が上がった。

■「わがこと」にした少年

 韓国人少年は、イスラム国の活動地域と近接するトルコ南部で1月10日から行方不明になった。イスラム国関係者とみられる人物とインターネット上で接触し、イスラム国入りを切望していた。

 このニュースが報じられると、少年の短文投稿サイト、ツイッターのフォロワー(読者)数が一気に増大。「イスラム国の一員になりたい」とのメッセージもあったという。この動きに対し、韓国大手紙朝鮮日報(電子版、1月23日)は「深刻なのは、若者たちの間でイスラム国に賛同する動きが広まる恐れがあることだ」とコラムで警告した。「韓国では、過激な思想に惑わされない健在な社会が形成されているか、正直、自信が持てない」とも指摘した。

 別の韓国紙ハンギョレ(1月21日)も「『わがこと』になってきたイスラム国問題」と題する社説で、引きこもりだったという少年の行動が「社会に投げかける警告は軽くない」とし「少年のように精神的よりどころが持てず、自分だけの思いにとらわれる若者が少なくないためだ」と続けた。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。