朴大統領、福祉政策“大失敗” 無償保育制度が「園児虐待」遠因に (1/2ページ)

2015.03.02


失政が韓国社会に悪影響を及ぼし、与党からも批判を浴びる朴大統領(AP)【拡大】

 韓国で保育園児の虐待が大きな社会問題になっている。園児を殴ったり、床に落としたり、針を刺すなどして逮捕される保育士が後を絶たない。責任は暴力を振るう保育士本人にあるものの、問題の遠因には、朴槿恵(パク・クネ)大統領が人気取り戦略として公約した無謀な福祉政策にあるという。支持率最低を更新しながら就任3年目を迎えた朴大統領。失政続きでいまや与党・セヌリ党からも批判が渦巻いている。現地事情に詳しいノンフィクションライター、高月靖氏がリポートする。

 保育士による保育園児への暴行−。韓国で昨年から、この問題が急速に深刻化している。今年1月中旬には仁川市の保育園で撮影された暴行現場の映像がネットで公開され、韓国社会を驚愕させた。

 「ただ殴るというレベルではありません。4歳の幼児が思いきり頭部を横殴りにされ、体ごと吹っ飛んで床にたたきつけられていました」(現地日本人ジャーナリスト)

 保護者の届け出で警察は保育士の女(33)を逮捕。女は「キムチを食べ残したので無理に食べさせたら吐いたので殴った」と供述している。韓国与党・セヌリ党の金武星代表は「セウォル号沈没事故以来の衝撃」と述べて驚きを隠さなかった。

 だが、保育園での園児暴行は、今に始まったことではない。

 「昨年12月にも、南西部の麗水市で撮影された女性保育士の暴行動画が出回っています。同じ月には仁川市で、47歳の女性保育士が頭の高さから幼児を床に投げ飛ばすなどした事件がありました」(先の日本人ジャーナリスト)

 今年1月にはまた東北部の原州市で、女性保育士(41)と女性院長(57)が園児への暴行で書類送検された。この保育士は、4歳の園児の頭を拳で繰り返し殴りつけた。その日が誕生日だった園児が、自分の許可なくお祝いのお菓子を友だちにあげたというのが理由だ。2月に入ってもソウル近郊の南楊州市で、複数の園児の手足を針で刺しけがを負わせた疑いで、40代の女性保育士が警察の捜査を受けている。

 韓国保健福祉部(厚生労働省)が発表する保育園での虐待件数は、2008年の61件から13年には202件にも伸びている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。