【ウイグルの真実】中国が与えた名ばかり「自治区」 あらゆる手段で追い込まれ人間以下の扱いも (1/2ページ)

2015.05.08


新疆ウイグル自治区で警戒する武装警察官ら (共同)【拡大】

★(上)

 日本を含む国際社会で2013年以降、ウイグルに関連するニュースが急増している。習近平国家主席が同年3月に就任し、中国政府がウイグル人への弾圧を強化し、それに反発するウイグル人の抵抗が激しくなっているからである。数多くの犠牲者も出ている。

 世界的な人権活動家で、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル総裁は「ウイグル人への弾圧は『人権侵害』といったレベルではない。1つの民族の存亡がかかっている」「『歴史上最も厳しい弾圧』と言っても過言ではない」と訴えてい  る。

 ウイグル人は、中国・新疆ウイグル自治区に居住するトルコ系ムスリム(イスラム教徒)である。ウイグルとは紀元3世紀からの自称で、ウイグル語で「団結」「連合」を意味する。自治区の面積は日本の約4倍もあり、人口約2000万の半分がウイグル人だ。

 現代ウイグル人は、太古から、自治区内にあるタリム盆地のオアシスに定住して農業を営んできた人々と、紀元前4、5世紀ごろから、中国とロシア国境にある天山山脈周辺の草原地帯から南下してきたトルコ系遊牧民が混血した民族の末裔(まつえい)である。

 自治区内には多くの仏教遺跡が残っている。インドで始まった仏教が紀元1世紀以降に広がり、高度な仏教文明が花開いていたからだ。西遊記のモデルである玄奘(げんじょう)三蔵法師もウイグルを通ってインドに向かった。仏教は古代シルクロードに沿って、東方の中国や朝鮮半島、日本へと伝わった。紀元5世紀から文字を持ち、8世紀からウイグル文字が使われた。

 ウイグル人がイスラム教を受け入れたのは10世紀初め。タリム盆地周辺から中央アジアの一部を支配下に置くカラハン王朝がイスラム教を国教にしてからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。