【ソウルから 倭人の眼】韓国メディア、米議会演説終わっても「安倍、安倍」連呼… (1/4ページ)

2015.05.11


 米上下両院合同会議での安倍晋三首相の演説(ロイター)【拡大】

 安倍晋三首相が米上下両院合同会議で行った演説に対し、韓国では“予想通り”の強い批判や反発が、政府やメディアを中心に起きている。終結から70年となる第二次大戦について、安倍首相は「反省」の言葉を使い、「アジア諸国民に苦しみを与えた事実から目を背けてはならない」とまで明言した。日本の戦争の相手国だった米国での演説にもかかわらず、韓国政府は「遺憾の声明」(外務省報道官)まで発表し、韓国への謝罪と反省を強く求めている。韓国の謝罪要求は執拗(しつよう)に続いている。(ソウル 名村隆寛)

■日本以上に“しつこく”注目

 韓国での安倍首相演説に対する主な批判は、メディアの主張を見ると、次の三点にしぼられる。(1)「侵略」や「植民地支配」の表現がなかった(2)慰安婦問題に触れなかった(3)村山、河野談話のような近隣諸国への謝罪や反省、哀悼がなかった。主要紙やテレビのほとんどが演説後の4月30日以降、ほぼ同じような演説への批判報道を繰り返している。

 「アジア諸国民に苦しみを与えた事実」を口にした安倍首相に対し、「一言で過去の歴史にフタをした」(中央日報)、「安倍首相は歴史的な機会を逃した。アジア諸国との不幸な過去を整理し、未来に進む絶好のチャンスを逃した」(同)、「こうした政治指導者を相手にしなければならないのは、今日の韓国に与えられた宿命であり、不幸だ」(朝鮮日報)などと非難のオンパレードだ。

 これらは、演説への批判や不満のほんの一部分に過ぎない。テレビのニュースでは朝から晩までくどいほどの報道ぶりだ。米国から招待された日本の首相が米国に語りかけた演説なのに、ここまでも関心を持ち、執着している。安倍首相演説への注目度は、むしろ日本よりも韓国メディアの方が高いかもしれない。奇妙な“熱心さ”さえ感じられる。

 以前にも書いたことだが、少なくともこの2カ月間、韓国メディアは安倍首相の演説が決定する前から、演説への否定的報道を繰り返してきた。日本の対米ロビー。演説阻止。演説で謝罪すべし。慰安婦問題に言及せよ…。「安倍、安倍」の毎日だったといってもいい。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。