朴政権に新たな火種…韓国軍“構造腐敗”深刻 北もからかう悲惨さ (1/2ページ)

2015.05.18


韓国軍の新人将校に笑顔で手を振る朴大統領。だが、軍の腐敗は深刻だ(AP)【拡大】

 今度は軍不正−。韓国・朴槿恵(パク・クネ)政権にまたしても問題が持ち上がっている。女性兵士へのセクハラや、新兵への暴力問題が直撃する韓国軍で、装備品納入や兵器の整備を巡る不正が発生、軍関係者が次々と逮捕される事態になっているのだ。昨年4月のセウォル号沈没事故をきっかけに発覚した腐敗は、軍の幹部クラスにまで及ぶという。北朝鮮メディアにまで揶揄(やゆ)される軍の構造腐敗をノンフィクションライターの高月靖氏がリポートする。

 「傀儡国防部(韓国国防部)長官は各種の不正腐敗を通じて軍事産業から大金を集め、軍事マフィアの頭目という烙印を押された」

 先ごろ、こう報じたのは北朝鮮・朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」。韓国メディアはこれに反論もせず、「北朝鮮にからかわれる悲惨な状況」(慶南道民日報)とうなだれている。というのも労働新聞が伝えた内容はおおむね事実だからだ。

 現在、韓国軍のすさまじい不正が続々と露見している。昨年話題を集めた女性兵士へのセクハラ、新兵への暴力などは序の口。装備品納入や整備を巡る不正で、昨年11月から3月末までに軍関係者52人が起訴、40人が書類送検された。

 そのうち予備役なども含めた幹部クラスは、准将1人、少将1人、中将2人、大将3人。将軍や提督たちに次々と司直の手が伸びている。

 「摘発が本格化したのは昨年11月以降。同年4月のセウォル号沈没事故を機に検察、警察、監査院などの合同捜査団が発足した」(現地日本人メディア関係者)。この未曾有の大事故によって韓国軍の不正がクローズアップされたことが風当たりが強まった遠因だ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。