【スクープ最前線】米国防総省 韓国軍を徹底監視調査 米軍、自衛隊機密まで中国に漏洩か (1/3ページ)

2015.07.14


韓国の情報漏れで、日米韓の同盟も揺らぎかねない(聯合=共同)【拡大】

 韓国の国家的信頼が揺らいでいる。機密情報保護やスパイ摘発を担当するエリート海軍少佐が先週末、軍事機密を中国に流出させたとして起訴されたのだ。同盟国である米国や日本も神経をとがらせており、内々で調査・監視を続けているという。こうしたなか、中国が沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海での軍事的覇権を強め、日米は警戒レベルを強化した。ジャーナリストの加賀孝英氏が緊急リポートする。

 「韓国が日米両国を裏切っているとしか思えない。われわれは韓国をまったく信じていない」

 旧知の米国防総省関係者は怒りの混じった声で、こう吐き捨てた。ご承知の通り、韓国軍であきれた情報流出事件が相次いでいる。

 聯合ニュースなどによると、韓国の軍検察は10日、軍事機密を中国に流出させたとして、機務司令部所属の海軍少佐を軍事機密保護法および軍刑法違反(機密漏えい)の罪で起訴した。

 海軍少佐は2013年6月から今年2月にかけ、海軍艦艇に関する軍事機密1件と軍事資料26点を中国人男性に渡した疑いが持たれている。中国人男性は中国情報機関の関係者とみられ、少佐は見返りに金銭や接待を受けていたという。

 機務司令部とは、軍事機密の保護や流出防止、スパイの摘発などを担当する重要な部署である。ところが同部では、今年4月に複数の事務職員が内部文書を兵器仲介企業に渡して逮捕されたうえ、5月には幹部2人が、銃弾3万発分の弾倉をレバノンの業者に横流して摘発されている。信じられないありようだ。

 米国防総省関係者が特に激怒したのは、海軍少佐の事件について、東亜日報が7日、米国の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」に関する情報を含む機密漏えいの可能性を報じたからだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。