【新・悪韓論】韓国のヘリ「自主開発」 生産も報道もダッチロールの怪 (1/2ページ)

2015.10.29


韓国型機動ヘリ「スリオン」とみられる機体(ロイター)【拡大】

 韓国の政治家は「妄想」を語り、現実が違ってくると「嘘の言い訳」をして、機を見て虚構に基づく「勝どき」を上げる。が、為政者の発言、当局の発表をチェックすべきマスコミも、輪をかけて妄想に乗り、虚構の勝鬨に欣喜雀躍するのだから救われない。

 今回は、韓国型機動ヘリ「スリオン」に関する、中央日報の報道を追ってみた。

 《韓国型機動ヘリコプター「スリオン」の開発が完了し、本格的な量産に入る。これで韓国は世界で11番目にヘリコプターを自主開発・生産する国になった。…操縦士2人を含めて18人まで搭乗できる》(2013年3月30日)

 読者は、自前の技術による軍用ヘリの開発が成功したと思うはずだ。「自主開発・生産する国になった」のだから。ダメ押し記事が載った。

 《スリオンを実戦配置する記念行事が、大統領が参加する中で22日、陸軍航空学教(学校)で開かれた。…20年までに200機余りが供給される》(13年5月23日)

 韓国の新聞が「韓国型」と書く場合、核心部分は輸入かライセンス生産だなどと決め込むのは“悪意に満ちた日本の韓国ウオッチャー”であり、韓国の読者は「100%国産」と思い込む。

 それなのに、純朴な国民の夢を破るように、次はこんな記事だった。

 《スリオンの核心である動力伝達装置が、国産化されていなかったことが明らかになった。技術移転契約をしてから7年経過したが、依然として核心部品全量を海外企業に依存している。監査院は1兆3000億ウォン(約1400億円)が投入された国産化作業が事実上失敗したと見て、調査に着手した》(14年12月13日)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。