朴大統領、中国に北への対応を切望「困難なときに手を差し伸べて…」 

2016.01.13

 韓国の朴槿恵大統領は13日、ソウルの大統領府で国民向け談話を発表し、記者会見を行った。4回目の核実験を行った北朝鮮に対し国連安全保障理事会決議だけでなく、韓国単独や友好国との協調で「痛みを感じる実効的な制裁措置を取る」としたうえで、「中国の役割は重要」「最上のパートナー」などと述べ、あらためて中国寄りの姿勢を鮮明にした。

 朴氏が大統領就任後、単独で正式な記者会見に臨むのは3回目。北の核実験について、「北東アジアの安全保障情勢に重大な変化を招きかねない」との認識も示すとともに、北朝鮮への対応について「国際社会は以前と変わらなければならない」と訴えた。

 特に中国の役割に期待を込め、「中国はこれまで北朝鮮の核について容認できないと公言してきた。その意思が実際の措置につながらないのであれば、今後、5回目、6回目の核実験を防ぐことはできないことは知っているだろう」と指摘。「困難なときに手を差し伸べてくれるのが最上のパートナー」としたうえで、「中国が国連安保理常任理事国として必要な役割を果たすことを信じている」と語った。

 また米軍が核実験への対抗措置として核兵器搭載可能なB52戦略爆撃機を韓国へ飛行させたことを踏まえ、米軍の戦略兵器を朝鮮半島周辺に追加投入し「北朝鮮の挑発の意思を無力化する」と語った。

 また、昨年末の慰安婦問題での日韓合意は「被害者の願いを忠実に反映した結果だ」と評価した。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。