朴政権“危うい現状” 強まる言論弾圧 反政府デモ隊をIS扱い 高月靖氏 (1/2ページ)

2016.01.26

朴正煕元大統領
朴正煕元大統領【拡大】

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が言論弾圧をエスカレートさせている。歴史教科書国定化問題をきっかけに巻き起こった反政府デモの取り締まりを強化。デモ参加者を過激派組織「イスラム国(IS)」になぞらえるなど強硬な姿勢をみせているのだ。米メディアは、北朝鮮に限らず韓国でも深刻な人権問題があると指摘。暴走する朴政権の危うい現状をノンフィクションライターの高月靖氏がリポートする。

 「韓国で独裁者の娘が労働者を弾圧」。昨年12月1日、米誌ザ・ネーションのウェブ記事でこんな見出しが躍った。独裁者とはかつて民主化運動の弾圧で知られた朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領、そしてその娘は現職の朴槿恵大統領を指す。

 米公共ラジオNPRも今年1月4日付ウェブ版記事で「朝鮮半島は北だけでなく南にも人権問題がある」とし、朴政権批判の声を取り上げた。

 発端は昨年11月14日にソウル都心部で行われた大規模なデモ集会だ。政府の歴史教科書国定化への批判から6万4000人(警察推定)が集まり、デモ隊と警察の衝突で51人が連行され、約140人が負傷。鎮圧用放水の直撃を受けて頭部に重傷を負った69歳男性は、現在も意識不明が続いている。

 警察への批判が高まるなか、朴大統領は集会を「組織的に準備された不法暴力デモ」と断定して主導者らの摘発を強化。さらに違法行為を働いた参加者の多くが顔を隠していたことを非難し、集会での覆面着用を禁止する法律の整備を指示した。

 これに絡んで朴大統領は11月24日の緊急閣議で、デモ参加者の覆面について「ISも今そうやっているではないか」と発言。大統領自ら政府批判をテロになぞらえたとして、デモへの強硬姿勢とともに海外メディアから多くの批判を招いた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。