韓国でも人気のダイソーや笑笑 韓国系企業との噂がある理由 (1/2ページ)

2016.05.06

 筆者はソウルの若者街の「シンチョン(新村)」に長く住んでいる。周辺に延世大、梨花女子大、西江大、弘益大といった大学のほか各種学校もたくさんあって学生の往来が多い。中心は地下鉄の駅がある5差路で通称「シンチョン・ロータリー」といっている。このロータリーに最近、100円ショップで知られる日本の「DAISO(ダイソー)」がオープンした。

 小さなビルの地下1階と地上3階の“大型店”だが、盛況でレジにはいつも列ができている。ダイソーは韓国でも全国展開しているが、ここはソウルの一等地だ。韓国でのダイソー人気の定着ぶりを物語っている。

 ところが街では「ダイソーは韓国系企業」というウワサが結構あるという。その話をしてくれた韓国人によると「“ダイソー ”が韓国語だから」だそうな。

 ム、ム……? だが、つまり「ダイソー」の語源は韓国語の「ターイッソ(みんなある、何でもあるの意)」なので、創業者の在日韓国人がそう命名したというのだ。

 周知のようにダイソーは広島の「大創産業」で在日韓国人とはまったく無関係。日本のものを何でも韓国起源といいたがる“ウリ(われわれ)ジナル主義”の一つで、最初、誰かが冗談でいいふらしたのが口コミやネットで広がったらしい。っ、たくもう……。

 実はダイソーは韓国では過去すでに商標トラブルに巻き込まれている。韓国企業がダイソー人気にあやかって早速、「ダサソー」なる店を始めたからだ。ダイソーに訴えられて負けたが、その時の言い分が「こちらは“ターサソ(みんな買って……)”という韓国語が語源だからパクリではない!」だった。今回の“ウリジナル”もそのあたりから派生したのかもしれない。

NEWSポストセブン

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。