現実味を帯びてきた“トランプ大統領” ヒラリー氏が本選で勝つ秘策とは  (1/2ページ)

2016.05.31

クリントン氏は大統領選で勝つため、サンダース氏を副大統領候補にするのか(AP)
クリントン氏は大統領選で勝つため、サンダース氏を副大統領候補にするのか(AP)【拡大】

  • <p>バーニー・サンダース氏(AP)</p>

 伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)が開幕した5月26日の前々夜、来日中のダニエル・スナイダー氏と会食した。米スタンフォード大学アジア太平洋研究センター(APARC)副所長の同氏は、外交・安全保障政策の専門家である。

 同氏の父、故リチャード・スナイダー氏は駐韓大使や駐日公使を歴任した元外交官だ。

 また、エリザベス・ルービンファイン夫人が、米紙ウォールストリート・ジャーナルの東京特派員時代、スナイダー氏は米紙クリスチャン・サイエンス・モニターの東京支局長だった。

 夫人の妹、ルイザさんは小沢一郎氏の『日本改造計画』(講談社)の英訳者であり、彼女の夫、ジェイク・シュレシンジャー氏は前ウォールストリート・ジャーナル東京支局長、現ワシントン支局長である。

 スナイダー氏の長男もモスクワ特派員であり、同家はジャーナリスト一家なのだ。

 さて、酒食を共にしたスナイダー氏との会話だ。もちろん、日本の政治情勢について雨あられのような質問があり、筆者は米大統領選の見通しを尋ねた。

 会食した前日、米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が各メディア調査の支持率平均値を発表した。

 それによると、共和党大統領候補が確実な不動産王、ドナルド・トランプ氏が43・4%、民主党大統領候補が確定的なヒラリー・クリントン元国務長官は43・2%。

 僅差ではあるが、トランプ氏が初めてクリントン氏を抜いたのだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。