韓国5位の財閥が日本人主導に? ロッテ会長聴取に同国メディアが懸念

2016.09.21

事情聴取のためソウル中央地検に出頭したロッテグループの重光昭夫会長=20日(共同)
事情聴取のためソウル中央地検に出頭したロッテグループの重光昭夫会長=20日(共同)【拡大】

 韓国のロッテグループ裏金疑惑を巡り、重光昭夫(韓国名・辛東彬=シン・ドンビン)会長(61)がソウル中央地検に出頭したことで、捜査は創業者で父の武雄(同・辛格浩=シン・ギョクホ)氏(93)をはじめとするオーナー一家全体に及んだ。韓国メディアは日韓にまたがるグループ経営の主導権を日本人幹部らが握る可能性が出てきたと懸念する声を伝えた。

 地検は既に武雄氏を脱税などの疑いで、武雄氏の長男、宏之(同・辛東主=シン・ドンジュ)氏(62)を横領などの疑いで取り調べた。捜査の過程で武雄氏の長女、辛英子(シン・ヨンジャ)氏(73)にも、ロッテ免税店への出店希望者から裏金を受け取った疑いが浮上、背任収財罪で起訴された。

 また地検関係者は20日、武雄氏の事実婚相手で日本滞在中とされる徐美敬(ソ・ミギョン)氏の資産を差し押さえると表明。地検は徐氏が武雄氏の脱税容疑に絡んでいるとみて出頭を求めているが、徐氏は応じていない。

 捜査が創業者一家の全体に及ぶ中、韓国メディアの報道には、資産規模が韓国で5位の財閥であるロッテグループが、日本人経営陣の意思に左右されるとの警戒感が出始めている。

 報道によると、グループで韓国側の事実上の持ち株会社であるホテルロッテは既にロッテホールディングス(HD)など日本側系列会社の支配下にあり、昭夫氏はHD経営陣の支持を得てグループ経営を任されている。

 朝鮮日報は、昭夫氏が逮捕、起訴された場合、同氏が経営の一線を追われる可能性があると指摘。韓国のロッテ関係者の話として「韓国5位の財閥が日本の経営陣数人に左右されるという、あきれた状況が現実になるかもしれない」と伝えた。 (共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。