【河崎真澄のチャイナウオッチ】「阿Q」の呪縛は続いている…魯迅没後80年、生誕135年にして中国社会の病巣は変わらず (1/2ページ)

2016.09.26

 新聞記者らを前に話す魯迅(左端)の姿を再現して上海市内の四川北路に接する多倫路に置かれいる像(河崎真澄撮影)
 新聞記者らを前に話す魯迅(左端)の姿を再現して上海市内の四川北路に接する多倫路に置かれいる像(河崎真澄撮影)【拡大】

  • <p> 魯迅が晩年を過ごした上海市内の旧居から、かつてスコット路と呼ばれた通り沿いに歩いて数分、現在は四川北路となっている場所で、魯迅がよく訪ねた「内山書店」の所在地を示すプレート。現在は中国工商銀行の建物になっている。「内山書店」は日本人の内山完造(1885〜1959年)が経営し、日中の文化人が集まるサロンでもあった。プレートには魯迅と内山の2人の姿が刻印されている(河崎真澄撮影)</p>
  • <p> 近代中国の文豪、魯迅が晩年の1930年代に過ごした上海市内のスコット路(現在は山陰路)の旧居。当時、数万人の日本人が暮らしていた“日本租界”とも呼ばれた虹口(ホンキュ)の一角で、3階建てレンガ造りの瀟洒なアパートがいまも残されている(河崎真澄撮影)</p>

 近代中国の文豪、魯迅がぜんそく発作によって上海市内で亡くなったのは1936年10月16日。55歳だった。今年は没後80年、生誕から135年にあたる。

 魯迅が晩年を過ごした旧居が市内の山陰路に残されている。1930年代、数万人の日本人が暮らしていた“日本租界”とも呼ばれた虹口(ホンキュ)の一角にある、3階建てレンガ造りの瀟洒(しょうしゃ)なアパートだ。

 山陰路はかつてスコット路と呼ばれた。旧居から通り沿いに歩いて数分先、現在は四川北路となっている場所に、魯迅が通った「内山書店」の所在地を示すプレートがかかっている。

 日本人の内山完造(1885〜1959年)が開いた書店で、日中の文化人が集まるサロンとなり、プレートには魯迅と内山の2人の姿が刻印されていた。

 初秋の週末、魯迅をしのぶ散歩に出たのは、魯迅が作品を通じて訴え続けてきたことが、いまなお指導者には届いていないのではないか、と感じたからだ。

 紹興酒で知られる浙江省紹興で1881年9月25日に生まれた魯迅(本名は周樹人)。医学を志して1905年に初の中国人として仙台医学専門学校(現在の東北大学医学部)に留学したが、当時、虐げられていた中国人の姿をみて、医学よりも「むしろ最初に果たすべき任務はかれら(中国人)の精神を改造することだ」(短編集「吶喊(とっかん)」の自序)との思いを強くし、文芸の道から「中華民族の覚醒」を求めようとした。

 日本という外の世界から俯瞰(ふかん)して、当時の中国人と中国社会に巣くう旧態依然とした考え方の弊害が、くっきり見えたのだろう。

 住む家も金もなく、読み書きもできない貧乏人の阿Qという人物に、当時の中国人の姿を投影した代表作の「阿Q正伝」にこんな下りがある。ケンカに負けた阿Qは「倅(せがれ)にやられたようなものだ。ちかごろ世の中がへんてこで…」と周囲に言い訳するうちに気分が良くなり、逆に意気揚々と引き上げていく。魯迅は「精神的勝利法」と書いた。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。