米韓両軍、正恩氏に“懲罰演習”開始 北の暴走を放置する中国へも圧力 (1/3ページ)

2016.10.10

世界最強の米原子力空母「ロナルド・レーガン」(米海軍提供)
世界最強の米原子力空母「ロナルド・レーガン」(米海軍提供)【拡大】

 米韓両軍が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に“懲罰”を与える。朝鮮半島周辺で10日から大規模な合同演習を行うが、「これ以上、核とミサイル開発は許さない」という事実上の最後通告といえるのだ。正恩氏の暴走を放置する、習近平国家主席率いる中国に対しても、「北朝鮮を押さえ込め」という圧力をかけていると分析する識者もいる。

 注目の合同演習は、朝鮮半島情勢が緊迫するなか、韓国西方の黄海や南部の済州(チェジュ)島沖合で行われる。2月に韓国海軍の基地が設けられた済州島を拠点に、米海軍原子力空母「ロナルド・レーガン」(全長約333メートル、乗員約5750人)などが参加する。

 北朝鮮は今年1月と9月、国連安保理決議違反である4回目と5回目の核実験を強行し、計21発もの弾道ミサイルを発射した。この中には、米グアムも射程に収めるとされる、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500〜4000キロ)も含まれている。

 演習が始まる「10日」という日程には、大きな意味がある。この日は「朝鮮労働党の創建記念日」にあたり、北朝鮮が再び、挑発行動に出る公算が大きいとみられているのだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。