トランプ氏、ケタ外れの帝王学 5人の子供、大舞台立たせて成長 新政権では重要ポスト? (1/3ページ)

2016.11.17

才色兼備の長女、イバンカ氏。トランプ新政権でも重要ポストでの起用が予想されている(ゲッティ=共同)
才色兼備の長女、イバンカ氏。トランプ新政権でも重要ポストでの起用が予想されている(ゲッティ=共同)【拡大】

  • <p>8日の大統領選後、勝利宣言に臨むトランプ氏。当選に貢献した家族も登場した(AP)</p>

 暴言やセクハラなど悪評も多い次期米国大統領のドナルド・トランプ氏(70)だが、イメージアップに貢献したのが子供たちの存在だ。学業優秀、ビジネスでも頭角を現したほか、高身長、容姿端麗と華やかさも折り紙付きで、当選にも一役買った。「トランプ・チルドレン」は政権移行チームに入り、来年1月発足する新政権でも重要ポストに就くとみられるなか、知られざるトランプ氏の教育術が注目されている。

 トランプ氏は3人の女性との間に5人の子供を授かっている。最初の妻との間に生まれたのが、長男のドナルド・ジュニア氏(38)、長女のイバンカ氏(35)、次男のエリック氏(32)だ。

 ドナルド・ジュニア、イバンカ両氏は多くのノーベル賞受賞者を輩出し、世界屈指の名門大として知られるペンシルベニア大ウォートン校で経営学を学んだ。エリック氏は各国首脳らも学んだジョージタウン大を卒業。3人はトランプ氏が経営する不動産会社の副社長を務めている。

 中でもイバンカ氏の“完璧ぶり”は有名だ。10代のころは有名ブランドのモデルをこなし、大学は首席で卒業した。父の会社で不動産開発に携わり辣腕(らつわん)を振るう一方、ジュエリー会社を立ち上げてバッグや靴のブランドを展開するなど実業家としても名をはせる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。