中国紙、トランプ氏の対中強硬に報復示唆「横暴に出てくるなら受けて立つ」 敵対心むき出し (2/2ページ)

2017.01.25

 金融市場が歓迎し「トランプ相場」を形成した大規模減税や巨額のインフラ投資といった米政権の政策は危険をはらんでいる。米連邦準備制度理事会(FRB)は、景気が過熱すれば追加利上げを急ぐ方針。新興国の成長を支える投資マネーが高い利回りにつられて米国に流れる動きが強まり、世界経済の減速を招くシナリオも語られ始めた。

 円安ドル高を追い風に輸出増を狙う安倍政権は、米国の為替政策を警戒する。トランプ氏は、米紙が17日に掲載したインタビューで「われわれの通貨は強過ぎる」とドル高を牽制(けんせい)した。市場経済をことさら重視する米国で、極めて異例の大統領による「口先介入」に世界の市場は身構えている。(ワシントン、ロンドン、北京 共同)

▼簡単登録の『プッシュ通知』始めました。詳しくはこちらへ

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。