韓国、朴氏への反感拡大で政府教科書使用ゼロも

2017.02.21

 韓国の朴槿恵政権が編さんした中学と高校の歴史教科書を2017年度の新学期から使用したいと希望する学校が、全国5566の中学、高校の中で1校しかなく、この学校も生徒らの反対で撤回する可能性があると、韓国メディアが伝えている。

 朴氏は現行の検定教科書を「左に歪んでいる」と非難し、政府編さん教科書の使用を義務づける「国定化」を推進した。しかし朴氏の一連の疑惑発覚で国定化方針への反発も拡大。これに押された教育省が昨年末、学校は検定教科書と政府編さん教科書の中から選択できるようにすると方針を変更した。

 その後、政府編さん教科書の使用を検討したのは朴氏の地元、南東部慶尚北道の3つの高校にとどまり、うち2校は校内の反対などで撤回した。

 朴氏は、検定教科書が父の故朴正煕元大統領の業績を正当に評価していないとの不満から国定化を目指したとみられる。政府編さん教科書は、朴正煕政権の政策を高く評価する一方、独裁や民主化運動の説明は減った。

 一方、政府編さん教科書の使用を検討した学校に、リベラル色の強い教職員組合や労組の中央組織が反対の圧力をかけたと保守勢力は反発しており、教科書を巡る対立は終息していない。 (共同)

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。