【守れ!国境の島】取材中に中国船に追い回された 尖閣実効支配先送りにしたツケ

★(5)

2013.05.19


魚釣島の前を、わが物顔に航行する中国海洋監視船「海監15」=13日、八重山日報提供【拡大】

 「中国公船がこちらに近づいています」

 13日正午ごろ、私(=仲新城)たちが乗り込んだ漁船「高洲丸(こうしゅうまる)」に、ゴムボートで近づいてきた海上保安庁職員が告げた。

 尖閣諸島・南小島の東南約2キロ。絶好の晴天だ。高洲丸は釣りをするため、一晩かけて石垣島から約170キロの距離を越えてきた。漁は好調だったのだが、中国公船は高洲丸の動きを察知し、“取り締まり”にやってきた。

 1時間ほどして視界に入ってきたのは中国海洋監視船「海監66」と「海監50」「海監15」の3隻。いずれも領海侵犯の現行犯だ。気がつくと、南小島を背にした高洲丸は、中国公船に前、右、左の3方向から包囲されていた。高洲丸への接近を阻止しようとする海保の巡視船9隻と、中国公船のもみ合いが始まった。

 攻防は6時間ほど。夕闇が迫ると、いつしか中国公船は包囲を解いて領海外へ去っていった。

 尖閣海域で、漁業者が安心安全に操業する環境は失われていることは以前にも指摘した通りだ。しかし、わが物顔で日本領海に出入りする中国公船を肉眼で確認したのは初めてだった。無法地帯と化した尖閣周辺の現状を改めて痛感した。

 特筆すべきは海保職員らの奮闘だ。高洲丸に乗船した仲間均市議(63)は「海保は一晩中、われわれを警護してくれた。午前3時ごろに目が覚めると、すぐそばにゴムボートがいた。職員の赤い顔を見ると、寝ていないことが分かる」と感嘆した。領海と漁業者を守るため海保は、不眠不休で任務を遂行している。

 ただ、この状況では普通の漁業者は尖閣海域で漁をしたいとは思わないだろう。

 尖閣で漁をするには、ただでさえ高い燃料費がかかり、悪天候で漁ができないと丸損だ。漁業者が尖閣に「避難港」の整備を求めていたのは、そのためだったのだが、日本政府は中国の反発を恐れ、日中国交正常化後40年もの間、実効支配の強化策を怠ってきた。

 その間に、中国は日本を凌駕せんばかりの経済力、軍事力をつけ、今まさに、本腰を入れて尖閣を取りに来ている。もはや尖閣で施設整備ができる状況ではない。政府が、そして国民が、この問題を先送りしてきたツケというほかない。

 危機にさらされている尖閣をどう守っていくのか。安倍晋三首相が再登板し、憲法をはじめ、国のかたちを問い直すうねりが始まった今こそ、論議の好機だろう。国境の島から、日本の将来が見えてくると思うのだ。

 ■仲新城誠(なかあらしろ・まこと) 1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に石垣島を拠点にする地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。同県の大手メディアが、イデオロギー色の強い報道を続けるなか、現場主義の中立的な取材・報道を心がけている。著書に「国境の島の『反日』教科書キャンペーン」(産経新聞出版)など。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!