安倍首相、河野洋平氏に反論「大きな禍根残した」 慰安婦談話を示唆か (1/2ページ)

2014.06.10


河野洋平氏の発言に関して反論した安倍首相=9日午前、参院第1委員会室【拡大】

 安倍晋三首相(59)が、河野洋平元衆院議長(77)に真っ向から反論した。河野氏は最近、インタビューや講演で、安倍首相への批判を強めているが、日本と日本人を貶め続けている慰安婦に関する「河野談話」を発表した張本人だけに、我慢できなかったようだ。

 河野氏は月刊誌「世界」5月号のインタビューで、安倍首相の国会答弁について、「上から目線で接していることが少なくない」「議員の背後にいる国民に著しく礼を失している」などと批判している。

 この指摘について、自治労出身である民主党の江崎孝参院議員が9日の参院決算委員会で、「大先輩の指摘をどう思うか」と質問した。

 安倍首相は「しっかり受け止め、拳々服膺(けんけんふくよう)する必要がある」としたうえで、「信念を少し丸めて、その場を取り繕っても、後々大きな禍根を残すこともある。それは政治家として不誠実ではないか」「このような批判も時には恐れず、自分の信念を述べていくつもりだ」と反論した。

 河野氏は官房長官だった1993年、元慰安婦へのずさんな聞き取り調査のまま、韓国側の「元慰安婦の証言を認めてやってほしい」との要請を受けて、慰安婦募集の強制性を認めるような談話を発表した。

 ところが、韓国側が示唆した「これで過去の問題は決着する」という約束は果たされず、朴槿恵(パク・クネ)大統領が先頭に立って「慰安婦=性奴隷」として、日本と日本人をさげすむウソを世界中で吹聴している。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!