小渕氏元秘書の自宅捜索 東京地検特捜部 自民幹部「周囲に促されたら…」 (1/2ページ)

2014.10.30


責任追及の声が収まらない小渕氏。ケジメをつけるか【拡大】

 小渕優子前経産相(40)=群馬5区=の政治資金問題で、東京地検特捜部は30日、政治資金規正法違反容疑などで、小渕氏の元秘書で、群馬県中之条町長を辞職した折田謙一郎氏(66)の自宅や、同県高崎市にある小渕氏の後援会事務所などを家宅捜索した。実態解明に向けて捜査機関が動き出すなか、小渕氏はどうするのか。

 特捜部は、すでに折田氏から任意で事情を聴き、政治資金収支報告書に記載された支出先に対し、金銭が実際に支払われていたかなどの確認作業を進めている。今後、他の関係者らの聴取も進めるとみられる。

 小渕氏をめぐっては、「小渕優子後援会」や「自民党群馬県ふるさと振興支部」など関係する4政治団体の2008〜11年分の収支報告書で、観劇会や野球観戦の支出が収入を計約5510万円、上回っていたことが判明。12年に開催した観劇会については、共催した後援会と振興支部の収支報告書に収支の記載がなかった。

 疑惑発覚から4日後の20日、小渕氏は「信頼するスタッフの下でお金の管理をしてきたが、監督責任が十分でなかった」「心からおわびを申し上げたい。政策に停滞をもたらすことは許されない」といい、経産相を辞任した。折田氏は「小渕氏は何も知らない。収支報告書は私が作成した」と説明。「町政の混乱を招く」として、24日に町長を辞職した。

 小渕氏は現在、弁護士や税理士などの第三者による調査を続けているが、野党側は国会で追及する構えを崩していない。

 特捜部の強制捜査を受け、自民党幹部は「今後の政治生命を保つためにも、傷口が広がらないうちに、議員辞職した方がいい」と語った。閣僚経験者も「捜査当局が動けば議員辞職するしかない」と指摘した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。