【山田宏 俺がやらねば】日韓関係「その場しのぎの謝罪」からの脱却を 総選挙はぶれない国家観で戦う (1/2ページ)

2014.11.15

 来日した米戦略国際問題研究所上級研究員のエドワード・ルトワック氏に興味深い話を聞いた。

 第2次世界大戦直後にヨーロッパを旅行したとき、ドイツに蹂躙されたはずのフランスでは観光に訪れたドイツ人が平然とパリを闊歩していたにもかかわらずオランダでは各地の民宿に「ドイツ人お断り」の看板が掲げられていたそうだ。

 ルトワック氏は「フランスがドイツと激しい戦闘を繰り広げたのとは対照的に、オランダは戦わずして国土を奪われた。その過去を悔いているがゆえに、ドイツへの憎しみが一層高まったのではないか」と語り、続く言葉でこう指摘した。

 「日韓関係についても同じことが言える。平和的に日本の統治を受けていた過去があまりにも疎ましいので、韓国は、その歴史について日本に謝らせ続けなければプライドが許さない。だから、どれだけ謝ったところで日韓関係は好転しない」

 その場しのぎの謝罪ばかりを繰り返す日本の国家リーダーたちにとっては耳の痛い話だろう。

 日韓議員連盟(会長・額賀福志郎元財務相)と韓国側の韓日議員連盟が先月、共同声明を採択したが、その内容は驚くべきものだった。

 「永住外国人に地方参政権を付与する内容の法案の実現に向けて、日本側は一層努力する」「河野談話、村山談話の精神にふさわしい行動をとる」−。日本側が訴えるべき「反日教育の改善」などは盛り込まれず、韓国側の主張を丸のみしただけの声明だ。

 参政権付与の根拠になっているのは「強制的に日本に連れて来られたのだから、日本人と同じ権利を与えてほしい」という考え方だが、はたして「強制」だったのか。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。