小渕氏側、証拠隠滅か HDをドリルで破壊したパソコン発見 (1/2ページ)

2014.12.19


選挙戦で圧勝した小渕氏だが、政治とカネの問題は重くのしかかる【拡大】

 先の衆院選で圧勝した小渕優子前経産相(41)にいきなりの試練だ。大臣辞任の原因となった政治資金問題に絡み、東京地検特捜部が10月に関係先を家宅捜索した際、会計書類などを保存していたとみられるパソコンのデータを保存する複数のハードディスク(HD)がドリルで破壊されていたことが19日、明らかになった。専門家は「悪質な捜査妨害の可能性」を指摘し、証拠隠滅が明らかになれば、小渕氏側に「逮捕者が出る」としている。

 特捜部は10月30日以降、小渕氏の元秘書で群馬県中之条町の折田謙一郎前町長(66)の自宅や町役場などの関係先を政治資金規正法違反容疑で捜索。その際、電気などのドリルでHDに穴を開けたとみられるパソコンが見つかったという。

 折田氏は、問題となった小渕氏の政治資金収支報告書を作成していた中心人物で、事件のキーマンとされる。

 夕刊フジが19日朝、折田氏の自宅を電話で直撃すると、妻が応対し、「主人は帰っておりませんので取材にはお答えできません。そもそも、うちにはハードディスクは置いておりません」と答えた。一方、群馬県にある小渕氏の事務所は、「捜査に支障をきたす可能性があるので取材には答えられない」とした。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。