維新・上西議員「温泉旅行疑惑」で波紋 関係者の巻き舌“恫喝”に批判集中 (1/2ページ)

2015.04.03


国会すっぽかし疑惑が直撃した上西氏。党の処分を受ける可能性も出てきた【拡大】

 「浪速のエリカ様」こと、維新の党の上西小百合衆院議員(31、比例近畿)の「ホワイトデー温泉旅行疑惑」で、橋下徹最高顧問(大阪市長)が3日午後、大阪維新の会代表として上西氏に議員辞職を求めることが分かった。疑惑に加えて、報道陣に巻き舌ですごむ事務所関係者の高圧的な姿勢が批判を集めており、早期収拾を判断したようだ。従わない場合、除名処分も検討しているという。

 「党と大阪維新の考え方は違う。税金の使い方を厳しくチェックするのは、大阪維新の政治の原点だ」「ああいう態度振る舞いは、一番許せない。説明責任を果たしてもらう」

 橋下氏は3日、JR大阪駅近くの街頭演説でこう語った。橋下、上西両氏は同日夜、大阪市内で記者会見する方向で調整している。

 2日発売の「週刊文春」によると、3月13日の衆院本会議を病欠した上西氏は、翌14日のホワイトデーに合わせて「公設秘書のI氏」と1泊旅行に出かけた可能性があるとされる。I氏は上西氏と同じく独身という。

 これに対し、上西氏は2日、自身のフェイスブックで、旅行に関して「一部週刊誌・メディアに報道された『私が旅行に出かけた』というような事実はなく、療養に専念していた」と記し、橋下氏の説明とは異なる内容の釈明をした。3日正午現在、この内容は閲覧できない状態になっている。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。