財務省で異変、九大法学部卒が快挙 東京の有名私立進学高校卒ゼロ (2/2ページ)

2015.04.28


最強官庁・財務省【拡大】

 具体名を挙げる。青森県立弘前高校、秋田県立横手高校、神奈川県立柏陽高校、長野県立諏訪清陵高校、熊本県立水俣高校、鹿児島県立鶴丸高校と6人もいる。

 さらに出身高校について興味深いことがある。英国ロンドンの私立ミルヒルスクール(ロンドン大学キングスカレッジ行公共政策・社会科学部)と、私立早稲田渋谷シンガポール高校(早稲田大学系)の卒業生である。

 もちろん、出身大学については、東京大学が23人中16人と圧倒的だ。そして、法学部卒業生が7人と、やはり東京大学→財務省というエリートコースは健在である。

 今回の採用者を一瞥(いちべつ)して分かることがある。

 「国家官僚」としての自負が強い財務官僚といえどもグローバル時代を迎えた現在、大きな変化に対応できる能力が求められているということであろう。

 かつて筆者は、採用担当の官房秘書課長を務めた高木文雄元大蔵事務次官から「大蔵省は日本の仕事をしているんであって、東京の仕事をしているんじゃない。だから東京の有名進学校から東大という学生よりも、地方出ボーイを採る努力をした」と聞いたことがある。

 財政再建と税制改革を背負う財務省の将来は、彼らの双肩にかかっている。 (ジャーナリスト・歳川隆雄)

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。