“憲法談義”で見えた橋下氏出馬の可能性 「改正」へ官邸コンビの秘策 (1/2ページ)

2015.12.22


安倍首相との会談を終えた橋下氏。その心境やいかに=19日午後、東京都千代田区【拡大】

 橋下徹前大阪市長の去就が注目されている。安倍晋三首相らとの19日夜の会談では、憲法改正や安全保障について議論していたというのだ。来年夏の参院選は、衆院選とのダブル選挙になるとの見方もあるが、橋下氏は国政に転身し、キーマンとして浮上するのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が核心に迫った。

 「私人なんだから、放っておいてくださいよ」

 橋下氏は18日の退任会見で、政界復帰の可能性について、こう語った。

 だが、翌19日夜には都内のホテルで、安倍首相と約3時間半も会談した。菅義偉官房長官と、おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)も同席した。

 「4人は6月にも会談している。安倍首相はこのとき、橋下氏に国政転身を勧めた。今回も、来年夏の参院選や、憲法改正での協力を確認したはずだ」(おおさか維新幹部)

 《菅氏は20日のフジテレビ系『新報道2001』で、前日の会談での憲法改正論議を認めたうえで、『橋下氏が安全保障や外交について、いろんな質問をし、首相が答えていた』と明かした》

 橋下氏がこのまま政界引退すると思っている政界関係者は少ない。むしろ、「来年は、橋下氏の動向が政局に大きな影響を与える」(民主党幹部)という見方が多い。

 そして、橋下氏の“存在価値”を最も重視しているのが、安倍首相と菅氏の官邸コンビだ。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。