渡辺喜美氏、肉体改造で心機一転!? 各政党からオファー、旧みんなの党員バッサリ (1/2ページ)

2016.05.09

スリムになった渡辺喜美氏。政界復帰に意欲をみせる
スリムになった渡辺喜美氏。政界復帰に意欲をみせる【拡大】

 旧みんなの党の渡辺喜美元代表と、おおさか維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)が9日、大阪市内で会談する。松井氏は、今年夏の参院選に維新から出馬するよう、要請する見込みだ。その判断が注目される渡辺氏が9日までに、夕刊フジの単独インタビューに応じた。

 ◇

 「今は、天下の素浪人。肩書もない。組織もない。お金もない。力もない。例の一件(=8億円の借入金問題)では、(東京地検特捜部から)29回も事情を聴かれたが、結局、すべて不起訴で捜査は終結した。一体何だったんだろうか…」

 渡辺氏は語った。借入金報道をきっかけに、みんなの党の解党、2014年衆院選での落選などと逆境が続いたが、健康は取り戻したという。

 「夜の会合から解放され、カミさんの手料理を毎晩食べて、ジョギングで肉体改造した。見ての通り12キロやせて体重は68キロになった」

 現在、政治活動を再開しており、地元の栃木県と東京を往復している。

 「ありがたいことに、いろいろな政党からオファーがある。相手があることなので言えないが、『参院の東京選挙区や比例代表から出てはどうか』という話が来ている。衆院選の話もある」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。