空中給油・輸送機KC−767 空の守り高める最新鋭 戦闘機をサポート (1/2ページ)

2016.07.01

KC−767(中央)から空中給油を受ける、F−15戦闘機(上)と、F−2戦闘機
KC−767(中央)から空中給油を受ける、F−15戦闘機(上)と、F−2戦闘機【拡大】

 基地を飛び立った航空機は、いつかは燃料が尽きる。そうなる前に基地に戻り、給油しなくてはならない。その手間をなくし、そのまま上空で給油できるようにしたのが空中給油機だ。

 戦闘機は基本的に連続1、2時間程度しか飛行できない。だが、空中給油機があれば、領空内の長時間パトロールが可能となり、警戒監視能力は格段に向上する。有事であれば、すぐに戦闘に戻ることができる。

 主要国空軍で空中給油機は必須の装備である。ただ、日本では長らく、戦闘機の海外への展開能力を高めることにもつながるという理由から、配備は見送られてきた。

 しかし、「限られた機数で日本の空を守るためには必要不可欠」との判断が下り、2003年3月に4機の購入を決めた。ライセンス生産ではなく、完成品を購入することになった。

 航空自衛隊が選んだのは、旅客機としても知られるボーイング767−200ERをベースにしたKC−767だ。早期警戒管制機AWACSとして767ベースのE−767を配備しており、教育や整備などの運用効率を考えたのであろう。

 最新式の機体だが、米空軍は採用しておらず、同機を配備するのは日本とイタリアだけだ。

 当初、07年春に配備予定だったが、手続きなどに時間がかかり、08年2月から配備された。第404飛行隊が新設され、空自初の空中給油機部隊として小牧基地(愛知県小牧市)に置かれた。通常は4〜8人が搭乗する。コックピットに3、4人。その他は空中給油作業に関わる。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。