どうなる内閣改造・自民党役員人事 進次郎氏、三原じゅん子氏の入閣も (1/3ページ)

2016.07.12

ついにこの人の出番がくるか
ついにこの人の出番がくるか【拡大】

  • <p>当選を確実にし、万歳する自民党の三原じゅん子氏(中央)=10日午後8時14分、横浜市中区</p>
  • <p>参院選で自公両党の与党で改正過半数を確保し笑顔を見せる安倍晋三首相(自民党総裁)=10日、東京・永田町の自民党本部</p>
  • <p>内閣改造・自民党役員人事予測</p>

 第24回参院選が10日投開票され、安倍晋三首相率いる自民党は56議席を獲得し、公明党の議席と合わせて目標とした「改選議席の過半数」(61議席)を上回り、大勝した。憲法改正に賛同する改憲勢力も、非改選と合わせて国会発議に必要な3分の2(162議席)超となった。今後の焦点は、東京都知事選(14日告示、31日投開票)とともに、安倍首相が断行する内閣改造・党役員人事に移った。幹事長や外相など主要ポストの行方や、国民的人気が高い小泉進次郎農林部会長や、三原じゅん子参院議員の入閣が注目されそうだ。

 「選挙結果は『経済政策を力強く進めよ』というものだ。そのために、新たな強力な布陣をつくりたい。(内閣改造を)いつ、どのように行うかについては、与党と相談したい」

 安倍首相は10日夜、党本部でこう語った。

 自民党(改選50)は、32ある1人区で「21勝11敗」とし、東京や神奈川では2議席獲得した。非改選議席と合わせて121となったが、27年ぶりの単独過半数(過半数122)には、わずかに達しなかった。

 山口那津男代表率いる公明党(同9)は、選挙区と比例代表で計14議席と躍進した。

 一方、野党は厳しい。

 岡田克也代表率いる民進党は、3年前の17議席は上回ったが、改選43議席から議席を大きく減らして計32議席。

 志位和夫委員長の共産党(同3)は計6議席。党幹部の「防衛費=人を殺すための予算」発言が飛び出し、綱領の「自衛隊解消」「日米安保廃棄」が再注目された。

 今後、永田町が注目するのは、参院選圧勝でフリーハンドを握った安倍首相が断行する内閣改造・党役員人事だ。

 今回の選挙で、現職閣僚の岩城光英法相(福島選挙区)と、島尻安伊子沖縄北方担当相(沖縄選挙区)が落選した。当面、2人は続投する。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。