豊洲新市場、ベンゼン基準値以下 都が地下水質調査

2016.09.16

豊洲市場の水産仲卸売場棟内
豊洲市場の水産仲卸売場棟内【拡大】

 豊洲新市場(東京都江東区)の主要施設下の「空洞」に水がたまっていた問題で、都が水質調査を実施したところ、ベンゼンなどの有害物質は基準値以下であることが分かった。テレビ朝日やTBSなどが報じた。

 都は13日、空洞にたまった水を採取し、ベンゼンなどの有害物質が含まれていないかの水質調査を開始した。コンクリートの隙間から雨水が流れ込んだとの見方がある一方、床面から地下水がしみ出した恐れもあるため、都は民間の検査機関にも確認していた。

 水たまりが確認されているのは、水産卸売場棟と水産仲卸売場棟、青果棟の3棟の地下空洞で、都はコンクリートの目止め工事が終わり、地下水管理システムが本格作動すれば解消されると説明している。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。