慎太郎氏発言が“元凶”か 「そういう意見あると取り次いだだけ」 豊洲地下空洞 (1/2ページ)

2016.09.16

報道陣の取材に応じる石原氏=15日午後、東京都大田区
報道陣の取材に応じる石原氏=15日午後、東京都大田区【拡大】

  • <p>地下空洞問題の全容解明を急ぐ小池氏</p>
  • <p>豊洲市場青果棟の地下空間。誰の指示でできたのか(都議会共産党提供)</p>

 豊洲新市場(東京都江東区)の主要建物下で「盛り土」がされていなかった問題で、石原慎太郎元都知事の発言が“元凶”だった可能性が出てきた。石原氏は知事在任中の2008年、土壌汚染対策費圧縮のため、地下にコンクリートの箱を埋める案に言及したが、部下である役人が、石原氏の発言を勝手に忖度(そんたく)して、工法を変更した疑いもある。小池百合子都知事は「豊洲の闇」を暴けるのか。

 「都庁の役人からそういう情報を聞いたから、そういう意見があると取り次いだだけ」「全部、下(都職員)や専門家に任せていた。建築のいろはも知らないのにそんなこと思い付くわけがない!」

 石原氏は15日、都内の自宅で報道陣の取材に応じ、こう言い放った。

 石原氏が主張する「そういう情報」というのは、豊洲新市場の地下に「コンクリートの箱を埋める」案のことだ。

 石原氏は08年5月30日の定例会見で、「担当の局長に言ったんですがね」と前置きして、海洋工学の専門家が「(土壌汚染対策は)違う発想で考えたらどうか」と発言していることに言及。「土を全部さらっちゃった後、コンクリートの箱を埋め込み、市場としてのインフラを支える。そのほうがずっと安くて早く終わるんじゃないか」と語っているのだ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。