安倍首相特別インタビュー「トランプ氏は『信用できる』」「プーチン氏とは『新しいアプローチ』」…禁アイス耐えられず自らコンビニも告白 (1/5ページ)

2017.01.04

インタビューに応じる安倍晋三首相
インタビューに応じる安倍晋三首相【拡大】

  • <p>安倍首相(左)とトランプ氏は初会談で意気投合した。奥は長女のイバンカさん=16年11月17日、ニューヨーク(内閣広報室提供)</p>
  • <p>安倍首相(右)と、プーチン氏は「自分たちの手で解決する」と語り合った=16年12月16日、官邸</p>
  • <p>2017年の主な政治日程</p>

 安倍晋三首相が2016年の最後に、夕刊フジの独占インタビューに応じた。16年、国内では、伊勢志摩サミットや参院選、東京都知事選、海外では、リオデジャネイロ五輪や米大統領選、東・南シナ海での中国の軍事的覇権拡大など、さまざまな事象があった。17年の日本はどうなるのか。世界が注目するドナルド・トランプ次期米大統領の素顔や、プーチン大統領との日露首脳会談の意義、小池百合子都知事の評価、日本経済の躍進、番記者も知らなかった「コンビニ事件」など、一気に語った。

 −−16年を漢字1文字で表すと

 「今回は『動』を選んだ。日本では、大きな被害が出た熊本地震があった。世界では、英国のEU(欧州連合)離脱決定や、米大統領選でのトランプ氏勝利があった。毎年、平穏な年であることを願っているが、まさに激動の1年だった。ただ、私は激動は苦手ではない。いかに乗り切るかを常に考えている」

 −−安倍首相とトランプ氏が、ニューヨークの「トランプタワー」で行った会談(11月17日)には、世界が驚いた

 「日米同盟は、日本の外交・安全保障の基盤だ。トランプ氏が選挙中に発した発言に不安を感じる人がいる一方、トランプ氏の当選を『チャンス』と捉えた人もいた。いち早く会い、日米同盟の重要さを確認することは、私の役割だと感じた。世界の首脳に先駆けて会談することで、私の世界観や現状認識をじっくり伝えられた」

 −−過激な印象があるが、どんな人物だったか

 「穏やかでフレンドリーな人物だった。謙虚で熱心に話を聞く人物だった。選挙戦のイメージとは違った。孫娘のアラベラちゃんが、ピコ太郎の『PPAP』を熱唱している動画の話で打ち解けた(笑)。じっくり話して『信頼できる人物だ』と感じた。(私は)日米同盟は揺るがないと発信した」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。