史上初、日仏英米共同訓練 陸自版海兵隊「水陸機動団」へ生かされる礎 (2/2ページ)

2017.05.19

 来年3月、陸自版海兵隊とも言われている「水陸機動団」が立ち上がる。この訓練に参加した隊員たちは、同部隊の実戦部隊として組み込まれることが決まっている。

 沖合でボートを降りた6人の偵察隊員たちは、音を立てないようにゆっくりと泳いで浜辺を目指す。安全を確認すると、履いていたフィンを頭上に掲げて合図を沖へと送る。これをきっかけに3隻のゴムボートは一気に上陸。小銃を構えて展開していった。

 こうした上陸戦術はすべて米海兵隊から教え込まれたものだ。それにアレンジを加えた水陸両用基本訓練課程という5週間にわたる陸自独自の基本教育を実施している。さらに専門的な教育を施し、島嶼(とうしょ)防衛のスペシャリストとして養成していく。

 15〜17日には、テニアン島へと部隊を移し、ようやく日仏英米が顔をそろえて訓練を行うことができた。

 フランスは、太平洋地域に領土および準県を持っているため、中国による南シナ海の海洋進出を脅威と感じている。今後も仏海軍が太平洋地域に展開してくるのは間違いないだろう。

 ■菊池雅之(きくち・まさゆき) フォトジャーナリスト。1975年、東京都生まれ。陸海空自衛隊だけでなく、各国の軍事情勢を取材する。著書に『こんなにスゴイ! 自衛隊の新世代兵器』(竹書房)、『ビジュアルで分かる 自衛隊用語辞典』(双葉社)など。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。