【2021年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめ人気ランキング5選

【2021年最新】不動産一括査定サイトの選び方とおすすめ人気ランキング5選

addittion

不動産の売却を考えている場合、「不動産一括査定サイト」を活用して不動産会社を選ぶ手段があります。とはいえ、初めて不動産の売却を検討している方のなかには、一括査定サイトがどのようなものか知らない方もいるはず。

本記事では、不動産一括査定サイトの特徴(メリット・デメリット)や選び方、おすすめ人気査定サイトを解説していきます。ぜひ、不動産一括査定サイトを比較検討する際に参考にしてください。

不動産一括査定サイトって何?

不動産一括査定サイトって何?

不動産一括査定サイトとは、インターネット上で複数の不動産会社に査定依頼ができるサービスのこと。売りたい不動産の情報を入力することで、利用者は複数の不動産会社から査定結果を受け取れます。

不動産査定の一般的な方法は2種類。1つ目の「机上査定」では、対象となる物件を見ずに、各種データをもとに不動産の査定額を算出します。2つ目の「訪問査定」は、机上査定で扱うデータに加えて、現地の状況を加味した不動産の査定額を算出します。

不動産一括査定サイトでは「机上査定」「訪問査定」どちらの依頼もできます。より精度の高い査定結果を把握したい方は「訪問査定」がおすすめです。

不動産一括査定サイトを使うメリット

不動産一括査定サイトを使うメリット

不動産一括査定サイトを使うメリットは、やはり「複数の不動産会社に査定依頼を一度にできる」ことでしょう。また、複数の不動産会社に査定してもらうことによって「査定価格の比較」が可能であり、査定結果から「信頼できる不動産会社を見つけやすい」という側面も持ち合わせています。これらのメリットについて、詳しく説明していきましょう。

複数の査定依頼を一度にできる

不動産売却の知識を持っていない場合、とりあえず近所にある不動産会社に足を運んで相談しがちです。しかし売却するためには、権利関係などの書類を揃えなければならず、何度か不動産会社に足を運ぶ必要があります。複数の不動産会社に査定を希望する場合は、業者ごとに同じやり取りをすることになるため、ある程度の時間と労力を費やす必要があります

一方で不動産一括査定は、サイト上の案内にしたがって不動産情報を入力すれば、不動産会社に足を運ぶことなく複数の査定依頼を一度におこなえます。そのため、時間と労力が軽減できるでしょう。加えて、複数の不動産会社に査定依頼しても基本的に無料でおこなえるので気軽に利用できます。

複数の査定価格を比較できるので、相場がわかる

複数の査定結果を受け取ることによって査定価格を比較できるため、適正な相場価格を把握しやすいこともメリットのひとつです。

たとえば一社だけに査定依頼をした場合、その査定価格が適正な相場価格とどの程度均衡しているのかわかりません。仮に適正な相場価格より高値の査定価格を提示されてそのまま売り出すと、いつまでたっても購入者が見つからずに売却できない可能性があります。その反対に、相場価格より低値の査定価格を提示されて売り出した場合は、購入者が見つかる可能性は高いものの、低価格で売却することになれば結果的に損になります。

相場を理解するための手段として、複数社に査定依頼できる不動産一括査定サイトを有効活用しましょう

信頼できる不動産会社を見つけやすい

不動産会社とやりとりする際は、信頼できるかどうかは大切なポイント。顧客数が多い担当者であれば対応しきれず返信に時間がかかるケースや、なかにはメール対応が雑な担当者もいるので見極めることが大切です。不動産査定サイトを利用すれば複数の不動産会社とやり取り・提案できるため、信頼できる不動産会社(担当者)を見つけやすいです。

また、一括査定サイトは独自の基準を設け、精査のもと提携する不動産会社を厳選していることが多く、自分でやみくもに探す場合よりも悪徳な業者に騙されるリスクを軽減できます

不動産一括査定サイトを使うデメリットと注意点

不動産一括査定サイトを使うデメリットと注意点

不動産一括査定サイトを利用する際には、デメリットも存在します。メリットだけに注目してデメリットを知らなければ、想像していた売却ができない可能性もあります。ご紹介するデメリットの内容と注意点を理解しておきましょう。

ほとんどのサイトは匿名査定ができない

「匿名査定」とは、氏名や住所、電話番号などの個人情報を隠しつつ、不動産情報のみを伝えて査定してもらうこと

個人情報の公開に抵抗がある方にとって、匿名査定は気軽に査定依頼できる点がメリットです。一方で、公開する情報が少ないことによって、査定精度が低くなるほか、不動産会社によっては匿名の査定依頼には力を注がない可能性がある点はデメリットといえます。

不動産一括査定サイトで匿名査定できるサイトは少なく、今回紹介するなかでも一社のみに限られており、匿名希望の方は選択肢が狭まることになります。しかし、実際に売却する際には個人情報の公開が必要になり、査定精度のことも考慮すると「売り出すまでは匿名で進めたい」という場合以外は匿名査定を選ぶメリットは少ないでしょう

物件の種類やエリアによっては査定依頼ができない場合も

不動産一括査定サイトごとに提携している不動産会社は決まっており、提携していない業者以外への査定依頼はできません。また、都市部から離れた地方エリアでは提携会社の数が少なく、対応可能な不動産会社がない場合や、特殊な不動産または近隣エリアでの取引自体がない場合は査定依頼ができない可能性もあります。

地方での売却を考えているのであれば、都心部での売却と比較すると一括査定サイトの恩恵は少ないかもしれません。また、あらかじめ依頼したい不動産会社が決まっていれば直接依頼するほうがよいでしょう。

営業の連絡がしつこい場合も

不動産売買といえば営業連絡が多いイメージですが、不動産一括査定サイトでも同じく査定依頼した不動産会社からは基本的に営業の連絡がくることになります。また、いろいろな不動産会社から査定を希望して査定依頼の件数が多くなるほど、その対応は大変になるので注意が必要です

対応策としては、「査定依頼の件数を絞る」もしくは「メールで連絡してもらうよう伝える」などが挙げられます。それでも営業連絡がしつこいと感じたときは、「他社に決めた」など、きっぱりと連絡不要なことを伝えましょう

提示された査定額が各社バラバラだと、どれが正しいか判断しづらい

不動産査定では会社ごとの査定額に差が生じることがあり、各社バラバラの場合ではどの金額が適正なのか判断しづらいことがあります。まず前提として「査定額=売却額」というわけではなく、査定額のまま売り出しても買い主が現れない場合など、状況に応じて価格を下げる必要があることも知っておきましょう。

適正な査定額の判断方法としては、査定額の根拠を確認することが大切です。不動産会社によっては仲介契約の獲得のために適正な査定額よりも高額で提示する場合も。査定額の金額に飛びついても、買い主が現れなければ売り出し価格を下げる必要があります。

そのため、査定額の根拠を聞くとともに、どのように査定額を算出したのか丁寧に説明してくれる不動産会社を選ぶことをおすすめします

不動産一括査定サイトの選び方と比較ポイント

不動産一括査定サイトの選び方と比較ポイント

続いて、不動産査定一括サイトの選び方を解説します。複数ある査定サイトを選ぶ基準はいくつかあるものの、やはり「サイトの規模感」は大事な比較ポイントになります。具体的には、不動産会社の提携数やサービス利用者数の多さなどの規模感が重要であり、サイトの運営歴や実績も確認するようにしましょう。以下で詳しく解説していきます。

提携している不動産会社の数で比較する

サイト選びの際に重要なポイントの1つは「提携している不動産会社の数」です。提携先の数が多ければ多いほど、対応してくる不動産会社の候補が増え、それだけで売り主側の選択肢が広がります。

大手だから必ずしも安心できるわけではなく、地方での売却の際は地域密着に特化した不動産会社のほうがエリア売却に精通していることもあります。そのため、幅広く比較できる不動産査定サイトがおすすめです

ただしサイトによっては、大手の不動産会社に特化するなど、不動産会社を厳選している場合もあります。そのため、単純に提携先の数だけではなく不動産会社の特徴も確認すべきです

同時に査定依頼できる数で比較する

最大査定数の多いサイトのほうがより比較しやすく、いろいろな不動産会社からの査定を希望する場合、同時査定数は大切なポイントになります。しかし、不動産査定一括サイトのデメリットで解説しましたが、査定件数が多くなると営業連絡の数も増えてしまうのでバランスを見極めるようにしましょう。

サイトによっては、どの企業に査定を依頼するのかを自分で選択できる形態もあります。自分で決めたい場合は査定依頼企業を選択できるサイトを選ぶのもよいかもしれません

査定対象エリアかどうかを確認する

査定依頼にあたっては、売りたい不動産が査定対象エリアに含まれているかどうかを確認しましょう。対象エリアかどうかは、サイトの案内に沿って査定依頼の入力を進めていく途中で確認できます。

売りたい不動産が市街地や住宅エリアであれば気にしなくてもよいポイントですが、地方の不動産を売却したい場合は対応してくれる不動産会社の数が限定されるため、全国エリアを広くカバーする不動産査定一括サイトを選ぶことをおすすめです。

取り扱っている不動産の種類もチェック

不動産売却には土地売却や戸建て住宅売却、マンション売却などの種類があり、それぞれ査定方法が違ってきます。不動産査定一括サイトによって得意な種類が異なるため、一括査定サイトを選ぶにあたっては取り扱っている不動産の種類もチェックするのがおすすめです

なお、投資用物件などの用途が限定的な種類のケースでは、不動産査定サイトによっては取り扱っていないこともあります。利用できるサイトが限られることを覚えておきましょう。

信頼できる一括査定サイトかどうか

不動産査定一括サイトを選ぶ際の最終的な決め手となるポイントは「信頼できるサイトかどうか」ということ。そこで重要となるのが、運営元の会社の実績やサービス内容です

サイトのホームページには累計成約件数や運営歴などの実績のほか、売却前後のサポート・サービス内容が掲載されており、選ぶ基準になります。

また、個人情報保護方針やプライバシーポリシーを確認し、個人情報に関する取扱い・悪徳業者排除の仕組み・不動産会社の選定基準などの情報が記載されていれば、サイトの信頼度は高まります。

おすすめの人気不動産一括査定サイト 比較

カード すまいValue SUUMO売却査定 LIFULL HOME’S(ライフルホームズ) イエウール HOME4U
提携会社数 6社(2021年10月時点) 3,186社(2021年10月調査時点) 1,900社以上(2021年10月調査時点) 1,800社以上(2021年10月調査時点)
同時査定依頼数 6社 10社 10社 6社 6社
対象エリア 全国 全国 全国 全国 全国
対応不動産の種類 マンション・戸建て・土地・マンション一棟・ビル一棟・アパート一棟・その他 マンション・戸建て・土地 マンション・戸建て・土地・投資用(一棟)・投資用(区分所有)・倉庫工場 マンション・戸建て・土地・その他 マンション・戸建て・土地・その他
運営会社 すまいValue事務局 株式会社リクルート住まいカンパニー 株式会社LIFULL 株式会社Speee 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

おすすめの人気不動産一括査定サイト5選

おすすめの人気不動産一括査定サイト5選

「おすすめの人気不動産査定一括サイト5選」を紹介します。査定サイトごとの実績や特徴に関する情報をまとめていくので、ご自身の売却目的に合ったサイトを見つける参考にしてください。

すまいValue

提携会社数6社(2021年10月時点)
同時査定依頼数6社
対象エリア全国
対応不動産の種類マンション・戸建て・土地・マンション一棟・ビル一棟・アパート一棟・その他
運営会社すまいValue事務局

業界を代表する6社による運営

すまいValueは三井リハウスや住友不動産販売などの不動産業界を代表する6社で運営されており、年間取引件数も「11万件以上」※1と実績面と知名度の高い不動産一括査定サイトです。

また、査定額は豊富な経験や実績を元に提示され、各社の魅力的なアプローチによって売却までサポートしてくれます。早期売却も目指せる、大手の強みが詰まった不動産一括査定サイトです

※1 2020年4月~2021年3月実績

  • 運営元は不動産業界をリードする6社
  • 豊富な実績と経験を活かした査定
  • 買い手からの信頼による成約率の高さと成約スピード
  • 売却後のトラブルもサポート

SUUMO売却査定

提携会社数-
同時査定依頼数10社
対象エリア全国
対応不動産の種類マンション・戸建て・土地
運営会社株式会社リクルート住まいカンパニー

知名度の高い大型不動産ポータルサイト

SUUMOは株式会社リクルート住まいカンパニーが運営する不動産ポータルサイトです。SUUMO売却査定では同時に最大10社まで査定依頼が可能で、これは今回ご紹介する一括査定サイトのなかでも1、2を争う数字となっています。

候補の不動産会社が入力段階でピックアップされる仕組みとなっており、どのような業者に査定してもらえるか査定依頼前に把握が可能。提携会社先としても、野村不動産・センチュリー21・三菱UFJ不動産販売などの実績のある会社名が連なっています。

対応している不動産の種類がマンション・戸建て・土地の3種類しかない点は注意が必要ですが、対応エリアが広いため地方にある不動産も査定できる点は魅力です。

  • 賃貸・売買まで幅広く取り扱う知名度の高いSUUMOの不動産査定
  • 入力段階で候補の不動産会社がピックアップされる
  • 地方にも幅広く対応している
  • 不動産売却に関するコラムが掲載されていてノウハウが知れる

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

提携会社数 3,186社(2021年10月調査時点)
同時査定依頼数 10社
対象エリア 全国
対応不動産の種類 マンション・戸建て・土地・投資用(一棟)・投資用(区分所有)・倉庫工場
運営会社 株式会社LIFULL

最大10社に同時査定依頼ができる不動産総合サイト

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)は不動産査定以外にも、賃貸から購入、リフォーム、投資まで幅広い不動産情報を提供している不動産総合サイトです。

掲載する不動産会社は、独自の掲載基準に合致するもののみ。情報の不具合があれば規定に従い不動産会社にペナルティを課すなど、正確な情報を提供できるような仕組みづくりを徹底しています。

提携数は今回ご紹介する査定サイトのなかでもトップクラスの「3,186社(2021年10月調査時点)」。情報入力後は、依頼できる不動産会社の資格保有者や得意分野などの詳細情報を一目で確認できる仕様になっているため、自分に合う会社を選べます。

査定できる不動産の種別はマンション・戸建て・土地だけでなく、投資用物件や倉庫・工場と、幅広い不動産査定に対応している点もおすすめするポイントです。

  • 独自の掲載基準と規定で、情報の正確性を追求
  • 不動産会社の特色や意気込みがわかる情報が豊富
  • サービス利用者数「736万人(2021年1月時点)」
  • 個人情報の適正な取り扱いを徹底

イエウール

提携会社数1,900社以上(2021年10月調査時点)
同時査定依頼数6社
対象エリア全国
対応不動産の種類マンション・戸建て・土地・その他
運営会社株式会社Speee

大手不動産会社から地元密着型の会社まで幅広く提携

全国の1,900社以上の不動産会社と提携しており、地方まで幅広くカバーしている不動産査定一括サイトです。不動産査定依頼をする際は、チャットのような形式で情報を入力していくため、インターネットが使い慣れない・苦手意識がある方にもわかりやすい工夫がなされています。

イエウールの特徴は、査定依頼をした利用者に対してアンケートが実施され、希望する売却時期や売却アプローチなどを細かい要望を伝えられる点です。具体的な売却計画を考えている場合は、イエウールのような運営形態の不動産査定サイトの利用をおすすめします。

  • 利用者の数が多い
  • 最大6社同時に依頼できるので比較しやすい
  • 提携数が1,900社以上と豊富
  • クレームの多い会社は提携先から排除するシステムを導入

HOME4U

提携会社数1,800社以上(2021年10月調査時点)
同時査定依頼数6社
対象エリア全国
対応不動産の種類マンション・戸建て・土地・その他
運営会社株式会社NTTデータ・スマートソーシング

サービス開始から20年以上の不動産一括査定サイト

HOME4Uは2001年にサービスが開始された不動産査定一括サイトで、長年培った多くの実績を持っています。

三菱UFJ不動産販売や東京建物不動産販売、阪急阪神不動産などの大手企業から地域に精通した中小企業を含む約1,800社と提携し、最大6社に同時依頼が可能なのでムダの少ない売却活動をおこなえます

また、情報サービス事業で業界大手のNTTデータグループが運営し、お客様の個人情報保護のため、プライバシーマークを取得しています。セキュリティ面が気になる方も納得して利用できる査定サイトです

  • 運営歴20年以上の不動産査定一括サイト
  • 大手企業や中小企業まで幅広い提携先
  • 情報サービス事業に特化したNTTデータグループが運営
  • 不動産売却に関するノウハウ本を無料で提供

まとめ

まとめ

不動産の売却にあたって、不動産一括査定サイトは便利なコンテンツです。しかし、情報や選択肢が多いことから査定サイトや不動産会社の選び方が難しくなり、売却に踏み出せない方も多くいます。今回解説した比較ポイントや査定サイトの特徴を踏まえて、自分に適したサイト・不動産会社を見つけてみましょう

免責事項

当記事は商品・サービスの解説及び紹介等、情報提供を目的としたものであり、利益の保障、或いは助言・勧誘等を行うものではありません。

当記事からリンクしている第三者のページの内容に関しては、それぞれのリンク先サイトの責任で管理されているものであり、当社ではいかなる責任も負いません。

作成時点で信頼できると思われる情報に基づき制作していますが、正確性を保証するものではありませんので、キャンペーン期間や各種の金額など情報の詳細は必ずご自身でご確認ください。

また、コンテンツに主観的な内容が含まれる場合もございますので、商品のご購入やサービスのお申し込みについては、詳細を十分にご理解いただいたうえで、必ずご自身の判断で行ってください。

当記事と紹介する業者間に、人的関係や資本関係等は一切ございません。したがって、ご利用に生じたいかなる損失に対しても一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。