MLB、大谷の交渉解禁で「メジャー確約禁止」通達

日本ハム・大谷翔平

 日本ハム・大谷翔平選手(23)の米大リーグ移籍の前提となるポスティングシステムの新協定が1日(日本時間2日)、大リーグ機構(MLB)のオーナー会議で承認され発効した。日本ハムが日本野球機構(NPB)へ申請を行い、MLBが30球団に公示して交渉が解禁された。

 大谷は11月29日に米ロサンゼルスに到着。代理人のネズ・バレロ氏と交渉の準備をしているとみられる。今オフは従来通り、日本ハムが2000万ドル(約22億6000万円)を上限に譲渡金を設定し、支払う意思のある全球団が交渉できる。交渉期間は米東部時間今月22日午後11時59分(日本時間同23日午後1時59分)まで。

 ヤンキースのキャッシュマンGMは同日、大谷獲得を目指す意向を表明。「プレゼンの書を(代理人に)提出した。彼は投手でも打者でもすごく特徴的でダイナミックだ」と“二刀流”を認める考えも示した。

 また、MLBが大谷に関して、試合数や打席数などメジャーでの出場を確約するような交渉をしないよう、各球団に通達したことが分かった。