ダル、古巣レ軍復帰も選択肢「Wシリーズ狙える球団」 イチローは「既に29球団と連絡」

ダルビッシュ有投手(共同)

 米大リーグ球団の幹部や代理人らが一堂に会するウインターミーティングが11日、フロリダ州レークブエナビスタで始まり、ドジャースからFAになったダルビッシュ有投手(31)の代理人のジョエル・ウルフ氏は「もう一度ワールドシリーズの舞台で戦えるチームを求めている。成功できる球団であれば、どの地域でもこだわらない」と語り、今季途中まで所属した古巣レンジャーズへの復帰も選択肢に入っていることも明かした。

 ツインズは獲得の意思を表明。移籍先として有力視されていたカブスはすでに先発チャットウッドを獲得している。FOXスポーツのローゼンタール記者は「アストロズが世界一を死守するため、ダルビッシュかアリエタ(カブスからFA)の獲得に意欲的だ」とツイートした。

 マーリンズからFAになったイチロー外野手(44)の代理人を務めるジョン・ボッグス氏は「既に(マーリンズを除く)29球団と連絡を取っている」とした。