高梨沙羅が年内のW杯終え帰国 勝利なしに「ふがいない」

欧州遠征から帰国し、取材に応じるジャンプ女子の高梨沙羅=19日、羽田空港

 ノルディックスキー・ジャンプ女子のワールドカップ(W杯)序盤戦を終えた高梨沙羅(クラレ)が19日、欧州から羽田空港に帰国した。個人戦4試合を終えて優勝がなく、あと1勝に迫ったジャンプの歴代単独最多の通算54勝達成は来年に持ち越しとなった。3位が2度の成績に「ふがいない結果に終わってしまった。求めていたジャンプが最後までできなかった」と反省を口にした。

 ただ、踏み切る際のインパクトを強くするという明確な課題を見つけたといい「何本も続けていけば(調子は)上がってくる」と、札幌での練習で修正を図る。平昌冬季五輪まで約2カ月。「これからが大事。焦らず、慌てず、諦めずに集中していきたい」と、今季最大の目標とする金メダル獲得へ、ピークを合わせる青写真を描く。