【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】アドレス時は頭を上から引っ張られている感覚で! 前傾姿勢も背筋が伸びたきれいな形に

(1)頭を上から引っ張られているようなイメージで構える

★勝みなみ(2) 

 スイング中、軸がブレないようにすることは、私が常に意識していることの一つです。軸がブレると、体の回転が上手くできず、回転スピードが落ちてヘッドスピードも上がらないし、スイングの軌道もブレるので、ミート率も落ちてしまうからです。

 とはいえ、軸がブレないように意識するのはけっこう難しいこと。静止しているアドレスのときでさえ、目の前に鏡でもないと、自分が真っすぐ立っているかどうかが分からないことがあるからです。

 そこで私はアドレスのとき、頭を上から引っ張られているようなイメージで構えるようにしています(写真〔1〕)。自分で真っすぐ立とうとするのではなく、引っ張られていることをイメージしたほうが、きれいに真っすぐ立てるような気がするからです。そして、これを意識するだけで、体の回転がスムーズになります(同〔2〕〔3〕)。

 また、上から引っ張られる感覚を常に持っていると、前傾姿勢も背筋が伸びたきれいな形になりやすいという利点もあります。

 アマチュアの皆さんの構えを見ていると、正しい前傾姿勢ではなく、少し前屈み状態になっている人が多いような気がします(同〔4〕)が、このような構えも、“上から引っ張られている”を意識すれば修正できると思うのですが、いかがでしょうか?

 もうひとつ、プロとアマチュアゴルフファーとの違いとしていつも感じるのは、アマチュアゴルファーには、アイアンショットを力一杯振る人が多いことです。

 プロの場合、アイアンは、思い通りの距離をイメージ通りの弾道で運ぶためのクラブなので、フルショット自体がコントロールショットになっています。よほどのことがない限り、アイアンを持って力一杯スイングすることはありません。ところがアマチュアの方のアイアンショットを見ていると、ドライバーと同じくらい力を入れて振っている人が多いように感じます。

 もし、スコアアップを目指すのなら、“振り過ぎない”スイングを自分のものにすることも大切だと思います。コントロールショットが、意識せずに、“自分のフルショット”としてできるようになれば、パーオンの確率も確実に上がってくるはずです。

 2月は、アマチュア時代からプロツアーで活躍し、旋風を巻き起こしてきた勝みなみと新垣比菜の19歳対決。2018年は2人のプロツアールーキー年。熱いバトルを制するのはどちらか? 視聴問い合わせ(電)0120・562・034

 ■勝みなみ(かつ・みなみ) 1998年7月1日鹿児島生まれ。6歳からゴルフを始め、2014年4月の「KKT杯バンテリンレディス」で史上4人目のアマチュア優勝を15歳293日の最年少記録で達成。17年、プロテストに1発合格。初参戦のステップアップ「山陽合同銀行 Duoカード」でいきなり優勝。18年は、プロとしてのツアー初優勝を目指す。