ルンビ越えた! 高梨沙羅、106メートル上昇気流「目指しているのは金メダル」

高梨沙羅

 スキージャンプ女子の高梨沙羅(21)=クラレ=が8日、試合会場(ヒルサイズ109メートル、K点98メートル)で初の公式練習に臨み、3回目で106メートルをマーク。飛距離に限れば出場選手35人中、堂々のトップに立った。

 「緊張感もあるけど、まずいいスタートを切れて安心している」

 1回目のジャンプは99メートルで全体6位。2回目は105メートルまで伸ばし同3位。上り調子の最終3回目で106メートルの大ジャンプを決めてみせた。飛距離では今季W杯7勝のマーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=の105・5メートルをしのいだが、得点ではルンビに次ぐ全体2位。最強のライバルの壁は厚い。

 それでも「自分が目指しているのは金メダル」とキッパリ。4位に終わった前回ソチ五輪の雪辱を胸に、まずは12日の決勝へ上昇気流をつかんだ。