【基本は忘れろ!!】飛ばすためにどこで力を入れるか ダウンスイングで上から下に、重力使ってスピード上げろ

(1)「インパクトした後に加速させろ」、レッスン書でよく見かけるアドバイスだ

 【今週の質問】力み過ぎていると、腕が振れなくなって思ったほど飛ばないというのは感覚としてわかるのですが、でも飛ばす人はどこかで力を入れているから飛ぶのだと思います。一体どこで力を使ったらいいでしょうか。

 レッスン書でよく見かけるのは、「インパクトした後に加速させろ」というアドバイスだ(写真〔1〕)

 名手の中には「ゴルフはフォローで打つもの」などという人がいる。フィニッシュに向けて振り抜くことを勧めるためのアドバイスだと思う。

 ただ、これを本当にやったらどうなるか。どんどんグリップが目標方向に流れていってフェースは開いてくる。フォローは大きくなっていくので一見いいような感じだが、逆にフォローばかりが大きすぎるスイングとなる。やり過ぎるとシャンクになりそうだ。

 それなら、インパクトで力を入れれば飛ぶか。当たる瞬間にグッと力を込めてグリップを握りしめれば、力強いインパクトにはなるかもしれないが、体が硬直して振り抜いていけない。これではヘッドスピードを減速させているようなものだ。

 このタイプの人に向けてあるのが、「フォローで加速しろ」というアドバイスなのだが、一時的には効くアドバイスであったとしても、続けているとどうなるかは先述の通りだ。

 やはり飛ばすためにはスイングのスピードを上げなければならない。そのためには、重力を使って上から下へ振っていくのが最も効率的である。ダウンスイングにスピードがないと、そのあとで強く振ろうとしても複雑になるだけで、なかなか細かいことはできないものだ。

 上から下に振っていくというと、ボールを上からたたきつけるようなスイングをイメージするかもしれないが、それではどーんと深く入ってダフったりする。ボールを打とうとするから、直線的に鋭角に入ってダフるのだ。

 スイングは円軌道であるべきなのだから、円軌道になるように振れば、上から下に振ってもダフらない。ボールを目がけるのではなく、逆転の発想で、もっと後ろに、逆にわざと50センチぐらいダフらせるつもりで落とすようにする(同〔2〕)。

 これで、足が止まらずに動きさえすれば、どんなに強く加速させてダウンスイングしても、軌道が直線的でなくなるのでダフらない。手先を使わず、体全体でダウンスイングを思い切り加速させて、ボールよりも後ろにヘッドを落とすつもりで振ると、ヘッドがボールを拾っていく。

 インパクトに向けてシャフトがしなって戻るので、フォローでヘッドが立って加速感が出るが、これは結果である。

 ■佐藤剛平(さとう・ごうへい) 栃木県芳賀カントリークラブ所属。シニアツアープロ。2012年の「ISPSハンダカップ秋晴れのシニアマスターズ」でシニア初優勝。1955年10月25日生まれ。熊本県出身。関西学院大法学部卒。