【小林至教授のスポーツ経営学講義】MLB 高額FA選手の所属先が決まらない理由 セイバーメトリクス定着で費用対効果の低さあらわに

 金持ちケンカせず、とはいかないようだ。MLB(米大リーグ機構)の経営者と選手会の非難の応酬が久しぶりにヒートアップしている。

 キャンプインしてなおFA(フリーエージェント)選手のうち100人以上の契約が決まらない異常事態(現時点でも60人以上!)に対し、選手会は経営者側の共謀を疑い、MLBは大勢のクライアントを抱える代理人が強欲な契約を欲して譲らないからだと、なじり合いをしている。

 1994年に労使紛争がワールドシリーズ中止にまでに高じて以降は、国際市場という新フロンティアがみつかったこともあり、労使協調の平和の時代に入ったMLB。売上、年俸共に上昇カーブを描き、売上は当時の6倍(1兆円を突破)、平均年俸も4倍(5億円に迫る)になった。

 そんなバラ色の市場環境の中、突如として起こったこの「失業問題」の原因はなんだろうか。

 直接的な理由は、大都市のチームが動いていないから。MLBは伝統的にローカル収入(最大はローカルテレビとの契約、次に入場料)の比重が高く、勝利に伴う収入増の度合が高い大都市のチーム(ヤンキース、メッツ、ドジャース、カブス、ホワイトソックス、レッドソックス、レンジャーズ、ジャイアンツあたり)は、スター選手の争奪戦を制するために、歴史的な巨額契約を結んできた。ところが、近年は、大都市球団と地方球団の格差是正のための分配制度が強化され、大都市のチームは以前ほどマーケットリーダーの役割を果たさなくなった。

 もうひとつは、セイバーメトリクス、特にWAR(勝利への貢献度の評価指標)の定着だ。その一球一打、守備走塁まで、すべてのプレーが数値で評価できるようになり、スター選手のほとんどが費用対効果としては割に合わない価格になっていることが、数値をもって表現されるようになったのだ。そして実際、この3年間も、高額FA選手に投資をしていない球団がワールドシリーズに進出している。

 近年の年俸高騰および契約期間の長期化は、インターネットビジネスの成功やローカルテレビとの契約額の劇的な向上が背景にあるが、それもほぼ天井で、家族4人で観戦に行けば平均5万円を要するなど、ゆがみも生じている。今季の高額契約の停滞は、市場が必要としていた調整局面がようやく来たと考えるのが自然だろう。

 ■小林至(こばやし・いたる) 1968年1月30日生まれ。東大から1991年ドラフト8位で千葉ロッテに指名され入団。史上3人目の東大卒プロ野球選手となったが、1軍登板なく93年退団。その後、米コロンビア大で経営学修士号取得。02年から江戸川大学助教授。05年から14年までソフトバンク球団取締役を兼任。現在、江戸川大学教授、専門はスポーツ経営学。