至学館大「栄氏は心身衰弱」、取材活動の自粛求める 伊調パワハラ騒動

栄和人監督

 日本レスリング協会の栄和人氏がレスリング部の監督を務める至学館大は7日、「監督は衝撃を受け心身が衰弱し、日常生活を送ることも困難」とする声明を発表した。安静療養が必要としている。

 声明は、今回の報道が過熱することで学生や大学周辺に影響を与えていると指摘。「試合を控えた選手たちもつらい思いをしている。節度ある活動を」と取材活動の自粛を求めた。

 学校関係者によると、栄氏は協会の倫理委員会による第三者機関の聞き取り調査には応じる考え。それに備えて当面大学では指導せず、療養する予定だという。