【プロ野球実況中継】巨人・原監督が大胆予告「直江に新人王取らせます!」 特別広報大使に松井秀喜氏、ショウアップナイター55周年は盛りだくさん

原監督が来季の新人王に推す20歳、直江大輔投手。降板後のお説教も期待の表れだ=9月21日、東京ドーム

 手前味噌で恐縮ですが、ニッポン放送「ショウアップナイター」が来年で55周年を迎えます。

 放送開始当初には、故・関根潤三さんが全試合解説を担当されたといいますから、超人的ですよね。「関根さんの声が聴こえたらショウアップナイター」と認知してもらうことが目的だったそうですが、さすがにしんどかったのでしょう。この企画は1年で終わり、翌年から故・豊田泰光さんが加わりました(それでも2人!)。

 歳月は流れ、いまはネットメディアの台頭もあり、ラジオナイターを取り巻く環境は厳しさがあるのも事実です。ただ、今年は久々にフォローの風も吹きました。ショウアップナイターの聴取率が、昨年と比べて50%近く上昇したのです。

 圧倒的なファン数を誇る巨人が強かったことも大きな要因ですが、コロナ禍で在宅の機会が増えたことで、何かをしながら楽しめるラジオナイターの需要が増えたこともあると思います。加えて、なかなか球場に行けなかったファンの方々が、ショウアップナイターを聴くことで、「いながらにして」臨場感を味わってくださったのであれば嬉しい限りです。

 55周年のショウアップナイターは「55(GoGo!!)みんなのプロ野球」がキャッチフレーズ。背番号「55」を着けていた松井秀喜さんが特別広報大使に就任し、番組に出演してくださるなど、実にさまざまな「55のブロジェクト」を実施します!

 いつもショウアップナイターを応援してくださる、巨人・原監督も企画発表イベントにはメッセージをお寄せくださり、「来年は直江に新人王を取らせますよ!」とビッグな予告をしていらっしゃいました。果たして来年は野球界にとってどんな年になるのか。プロ野球の興奮をぜひ、ショウアップナイターで味わってみてください。(フリーアナウンサー・松本秀夫)