記事詳細

広岡達朗氏が直言!巨人・由伸監督「辞める」宣言せよ 交流戦の“惨状”責任はフロント、“脱ポーカーフェース”で変貌を (2/3ページ)

 「本来なら、他球団の中日でもコーチを務め苦労して戻ってきた川相(現3軍監督)あたりに2-3年“つなぎ”で監督を任せ、その間に由伸に2軍で勉強させるべきでしたが、今さら言ってもしようがない。今季はどれだけ負けても構わないと思う。負けることが来季へ向けて勉強、いい薬になりますから」

 性急に監督のクビをすげ替えても、同じ失敗を繰り返すだけ。ならば、黒星を重ねながら生え抜きのスターである高橋監督に勉強と経験を積ませる方が得策というわけか。

 実は広岡氏は昨季終了後、就任1年目を終えた高橋監督を都内某所に呼び、約2時間にわたって“帝王学”の講義を行ったという。

 そこではのっけから「1年間見てきたが、どんな野球がやりたいのか見えなかった」とズバリ指摘したのだとか。

 青天の霹靂で就任した高橋監督にしてみれば、監督としてのビジョンを描くヒマもなく、手探りのまま1年目を終えてしまったのかもしれない。

 また、高橋監督はコーチの職域を犯さないように気を使っているのか、ピンチに自らマウンドへ駆けつけて味方投手にゲキを飛ばすようなことは、まずない。

 広岡氏は高橋監督に「技術的なことは尾花(投手コーチ)に任せておけばいい。ただ、投手が逃げ腰になっていると感じたときには、自らマウンドへ行ってゲキを飛ばすのが効果的だ」とアドバイスしたという。

 また、現役時代からクールなイメージだった指揮官は、ベンチに座っていてもポーカーフェースで表情を変えることがほとんどない。「連敗もまるで他人事のよう」と評されることまであった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース