記事詳細

阪神・西岡の外野起用の損得 大和、高山らポジション奪われた本職の心境は… (1/2ページ)

 17日に左アキレス腱断裂から約1年ぶりに1軍復帰したばかりの阪神・西岡剛内野手(32)が大忙しだ。

 復帰初日は一塁手としてフル出場し勝利に貢献したが、翌18日の広島戦(甲子園)では、昨年6月24日の同カード(マツダ)以来の中堅手で先発出場。バットでは9回の中前適時打を含む2安打で存在感をみせたが、守備では不安を露呈した。

 2回1死満塁で石原の飛球をグラブに当てながら捕球できず(記録は中前適時打)。試合前の練習中には、中村外野守備走塁コーチから約20分間、マンツーマンでノックを受けたが、鯉打線にこの回一挙5得点のきっかけを与えてしまった。試合後は「試合を潰してしまった。(風は)関係ない。自分の力のなさというか…練習します」と頭を下げた。

 前日の試合中には糸井が負傷退場。球団はこの日、兵庫・尼崎市内の病院で「右脇腹の筋挫傷」との診断を受けたと発表し1軍登録から外した。ファームでの試合で西岡は一塁、遊撃、外野で出場していたが、いきなり空いた外野の一角をスタメンで任された形だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース