記事詳細

「俺を引退させてみろ」巨人・阿部、若手に挑戦状 2000安打達成も意気軒高 (2/2ページ)

 伝統球団で扇の要を務める厳しさを知る男は「今の小林(誠司)とか、いいなと思って見てる。やさしいと思う。あいつを成長させたいなら、もっとぶったたいた方がいい」。

 自身の若手時代はほぼ全試合が地上波で生中継されていた。当時とは比較にならないほど重圧は少ないのに、立場を脅かす新勢力の台頭がない。

 「巨人がすごい有望な若手を獲ったら辞めます。なんか心配で辞められない。大丈夫かな、大丈夫かなみたいな。このゆとり世代がいっぱいいて大丈夫かなって」

 いわば「俺を引退させてみろ」という挑戦状。突きつけられたヤングGが花道をつくるのが理想だが、伸び悩みの現状では新たな補強戦力に押し出される可能性の方が高い。あるいは高橋監督のように“大人の事情”で幕が引かれてしまうのだろうか。(笹森倫)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース