記事詳細

全米プロ逆転Vのトーマス、キスも獲得できたワケ 「第六感」で勝利予見、恋人にフライト遅らせてとお願い

 全米プロで逆転優勝を飾ったジャスティン・トーマス(24)。

 実は試合前から、「第六感がして、この試合に勝てるような気がした。そこで午後7時のフライトのため早めに会場を去る予定だったガールフレンドに、出発を遅らせて欲しいと頼んだんだ」とニューヨーク・ポスト紙に明かした。

 恋人の名前はジリアン・ウィズニースキーさん。付き合いは約2年間におよび、普段はこうした緊張する大会ではゴルフの話題を避けていたが、この試合だけは勝てる気がしていたのだそうだ。おかげで、メジャー初優勝と恋人との優勝直後のキスを獲得した。

 ジョーダン・スピース(24)、リッキー・ファウラー(28)とともに米国の顔になったトーマス。

 「言葉にならないほどうれしい。何があっても我慢すればチャンスがあると信じていた」

 「ヒデキ(松山英樹)との戦いはタフだった。彼は最も強い選手の1人。でも僕もいい選手だと自信を持って戦った」と優勝コメントも自信にあふれていた。

 「全米プロゴルフ選手権」を終えた時点の最新男子世界ランキングが発表され、松山英樹は52ポイントを獲得。ジョーダン・スピース(米国)をかわして2位に再浮上。首位はダスティン・ジョンソン(米国)。トーマスは先週の14位から一気に6位にランクアップした。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース