記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】リーディングエッジはボールの下に入れるな スイングを変えたら負け (1/2ページ)

 【今週の質問】普段、仲間内でラウンドするときは6インチリプレースでやっています。しかし、あるコンペでノータッチでやったら、とてもひどいスコアになってしまいました。普段より10打以上打ってしまいました。少し沈んでいるライが多く、2打目以降がまったく当たらなくなってしまったのです。うまい人のように、沈んでいるボールをうまく上からとらえられないのです。自分の実力のなさにがく然としてしまいました。

 6インチでいつもいいライに置いて打つのは、毎回ティーグラウンドから打っているのと同じ。練習場で打っているのと同じである(写真〔1〕)。あるがままに芝の上から打つのとは、難易度としては大分違うということはいえるだろう。

 ただ、練習場のマットの上から打つのと、コースの沈んだライから打つのと、別の打ち方をしなければならないか、と問われれば、それは全く同じだと答える。浮いていようが、沈んでいようが、ラフに入っていようがすべて同じスイングで打つべきだ。

 よく、洋芝だと沈んでいるから打ち込み、コーライは浮いているから払い上げる…、などというが、そんなことはありえない。ディボットに入っているからどうとか、冬は芝が薄いからどうするとか、そんなのもない。

 打ち方はただ1つ。ドライバーでもアイアンでも、全部、ボールだけをできるだけ低い入射角のインパクトで、横からとらえていく。ゴルフのインパクトにはそれしかない。ターフが削れたり、ティーが飛んだりするのは結果に過ぎない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう